QUMZINE by Filament, inc.

(株)フィラメントが運営する「QUMZINE」のnote公式アカウント。「よりよい未来をつくる」ために、オープンイノベーションやギブファーストでみなさんと交流・繋がっていきたいです。更新情報はTwitterにて発信。https://twitter.com/Filament_Inc

QUMZINE by Filament, inc.

(株)フィラメントが運営する「QUMZINE」のnote公式アカウント。「よりよい未来をつくる」ために、オープンイノベーションやギブファーストでみなさんと交流・繋がっていきたいです。更新情報はTwitterにて発信。https://twitter.com/Filament_Inc

    マガジン

    • COLUMN

      COLUMNマガジンでは、コラムやビジネスに役立つTipsなどを掲載しています。

    • INTERVIEW

      INTERVIEWマガジンでは、ビジネスの第一線で活躍するキーパーソンや、新しいモノ・コトに取り組んでいくイノベーターのみなさんへのインタビューや対談を掲載しています。

    • REPORT

      REPORTマガジンでは、イベントやワークショップ、カンファレンスなどのレポート記事を掲載しています。

    • TREND

      TRENDマガジンでは、最新のイベントやリリース情報など掲載しています。

    リンク

    COLUMN

    COLUMNマガジンでは、コラムやビジネスに役立つTipsなどを掲載しています。

    すべて見る
    • 382本

    12/10🎄QUMZINEアドベントカレンダー2022

    本日12月10日の担当は、Maiko TAKEGUCHIさんです! タイトルは「自分の「足」が想定外をたくさん連れてきた話(2022年のまとめ)」。 記事は以下よりお読みください。 🎄明日の担当者は・・・? 明日の担当者は、 Toshifumi Imaiさん!お楽しみに! \満員御礼!アドベントカレンダー/ \去年のアドベントカレンダーはこちら!/ QUMZINEを運営するフィラメントの公式ホームページでは、新規事業の事例やノウハウを紹介しています。ぜひご覧くださ

    スキ
    4

    12/9🎄QUMZINEアドベントカレンダー2022

    本日12月9日の担当は、 小田 哲也さんです! タイトルは「「〇〇でメシを食う」のふりかえり2022」。 記事は以下よりお読みください。 🎄明日の担当者は・・・? 明日の担当者は、Maiko TAKEGUCHIさん!お楽しみに! \満員御礼!アドベントカレンダー/ \去年のアドベントカレンダーはこちら!/ QUMZINEを運営するフィラメントの公式ホームページでは、新規事業の事例やノウハウを紹介しています。ぜひご覧ください!

    スキ
    4

    12/8🎄QUMZINEアドベントカレンダー2022

    本日12月8日の担当は、 中曽 優さんです! タイトルは「読んで良かった本」。 記事は以下よりお読みください。 🎄明日の担当者は・・・? 明日の担当者は、 小田 哲也さん!お楽しみに! \満員御礼!アドベントカレンダー/ \去年のアドベントカレンダーはこちら!/ QUMZINEを運営するフィラメントの公式ホームページでは、新規事業の事例やノウハウを紹介しています。ぜひご覧ください!

    スキ
    6

    12/7🎄QUMZINEアドベントカレンダー2022

    本日12月7日の担当は、motoshi mitsuishiさんです! タイトルは「タニモク:2022で学んだこと、2023で挑戦すること。」。 記事は以下よりお読みください。 🎄明日の担当者は・・・? 明日の担当者は、中曽 優さん!お楽しみに! \満員御礼!アドベントカレンダー/ \去年のアドベントカレンダーはこちら!/ QUMZINEを運営するフィラメントの公式ホームページでは、新規事業の事例やノウハウを紹介しています。ぜひご覧ください!

    スキ
    8

    INTERVIEW

    INTERVIEWマガジンでは、ビジネスの第一線で活躍するキーパーソンや、新しいモノ・コトに取り組んでいくイノベーターのみなさんへのインタビューや対談を掲載しています。

    すべて見る
    • 142本

    いま、日本には文化を武器に戦う“カルチャープレナー”が必要だ ~BIOTOPE佐宗さん・石原さんと語る「文化起業家」の希望~【前編】

    フィラメントCCO宮内(以下、宮内):今回テーマにしたい「カルチャープレナー」って、石原さんの関わりが大きいって聞いています。 石原龍太郎(以下、石原):2020年にBIOTOPEにジョインする前は、Forbes JAPANという経済誌で編集者をしていました。当時は社会的にテックドリブンのイノベーションを掲げる起業家にすごく焦点が当たっている状況で、誌面でも取り上げられることが多かった。それはそれですごく素晴らしいことなんですが、一方でなんとなく違和感があったんです。取材し

    スキ
    24

    NTT Comの脳の健康チェックサービスがついに無償トライアル開始!伴走支援してきたフィラメントが果たした役割とは

    脳の健康チェック概要武藤:NTT Comは9月21日に「脳の健康チェックフリーダイヤルの無償トライアルを開始」と題したプレスリリースを出しました。このプロジェクトの立ち上がりや背景をご説明します。 このプロジェクトの背景についてお話しすると、一つ目として私自身の体験が挙げられます。 私の祖父が認知症になり、父親が毎日神経をすり減らして祖父を介護していて、家族のきずなが失われていくのを目の当たりにしました。 また、私自身が父親になってからは、孫を祖母に会わせても、認知症によ

    スキ
    13

    トヨタ社内で6000人に迫るDXコミュニティが生まれたきっかけは『組織のネコ』!? 〜「パワプラのトラ」コミュニティイベントレポート〜

    トヨタ内の6000人に迫るコミュニティとは永田:永田賢二と申します。トヨタ自動車で社内DXを推進するデジタル変革推進室という部署に所属しています。2021年1月にできたデジタル変革推進室が社内公募で人を集めてまして、それに応募して採用されました。 トヨタではDXに関する取り組みをいろいろ進めてまして、僕が所属しているデジタル変革推進室の立ち上げや各センター等にDXを推進する「DXリーダー」の配置、他にもインフラ強化や人材育成をしています。 今僕が仕事として取り組んでいるのが

    スキ
    21

    事業立ち上げの達人たちが語る新規事業の実践論〜『リーンマネジメントの教科書』を紐解く〜

    國友:今日司会進行をする、「『リーンマネジメントの教科書』をテーマにゆるく語らい合う会」を設定させていただいた國友と申します。皆さん、よろしくお願いします。 細野:細野真悟といいます。今、フリーのビジネスデザイナーと名乗ってまして、ビジネスを立ち上げるプロとしてお仕事をさせていただいてます。 一番大きなクライアントが、株式会社ローンディールでCSOとして戦略担当をさせていただいています。ローンディールは、大企業の人材を1年間ベンチャーで武者修行させて、覚醒させて戻すという事

    スキ
    29

    REPORT

    REPORTマガジンでは、イベントやワークショップ、カンファレンスなどのレポート記事を掲載しています。

    すべて見る
    • 54本

    採択企業10社を一挙紹介!NTT西日本の未来共創プログラム『Future-Build』キックオフレポート

    挨拶(NTT西日本 イノベーション戦略室長 市橋 直樹 氏)市橋氏:会場にお越しいただいた皆さま、採択企業の皆さま、ご足労いただきましてありがとうございます。本日はどうぞよろしくお願い致します。私からは、今回の『Future-Build』の実施背景と目指すところ、そして採択企業様のアナウンスをさせていただきます。 本日の会場でもありますQUINTBRIDGEは、社会課題を解決する事業アイデアを募集し社会実装を推進していくために設立されました。 こちらの図の黄色部分「ビジネス

    スキ
    10

    今年は過去最大級となる74種類が登場!クリスマスパーティは全部ファミマで揃っちゃうかも?~ファミマの、ごちそうクリスマス 発表・試食会イベントレポート~

    外を歩くと少し肌寒くなってきた今日この頃、渋谷にやってきました。 どうやら、この辺りで最近よくQUMZINE編集部を記者発表会にお招きいただいているファミリーマートさんがクリスマスに関連した商品の記者発表会を開催されるそうで、ありがたいことにまたお声がけいただきました。ファミマのクリスマスと言えばチキンやケーキかな?と想像できますが、いったいどんな商品が発表されるのでしょうか?楽しみです。参加者には試食会もあるようで、こちらも楽しみ。早速行ってみましょう。 今年の意向は「

    スキ
    13

    “Rubyの聖地” 島根県に全国のRubyエンジニアたちが集結! ~『Ruby biz Grand prix 2022』表彰式レポート~

    「Ruby」とは、日本のソフトウェア技術者まつもとゆきひろ氏によって1995年(初版のリリースは1993年)に開発された“日本発”のプログラミング言語です。また日本で開発されたプログラミング言語としては初めてIEC(国際電気標準会議)で国際規格に認証され、現在では日本のみならず世界中のエンジニアに使われ、愛されています。 そんな日本が生んだ世界的プログラミング言語の「Ruby」ですが、なぜその頂点を決めるビジネスコンテストの表彰式が島根県で開催されるのでしょうか? 実は島

    スキ
    43

    学生が主役の地域産品セレクトショップ「アナザー・ジャパン」が東京駅前にオープン!内覧会でこれまでのあゆみをお聞きしました

    2021年、東京駅すぐ近くにオープンしたTOKYO TORCHの常盤橋タワー。TOKYO TORCHに関しては、以前QUMZINEでも三菱地所の谷沢さんや新潟県小千谷市の大塚市長にインタビュー取材をさせていただきました。 そして、昨年12月にはこのTOKYO TORCHを舞台として三菱地所と中川政七商店がタッグを組み、これまでになかったようなプロジェクトを開始するという記者会見に参加しました。それが全国各地出身の学生が出身地域の産品を仕入れ、店舗を経営し、プロモーションを行

    スキ
    17

    TREND

    TRENDマガジンでは、最新のイベントやリリース情報など掲載しています。

    すべて見る
    • 22本

    【8/31 (水)19:30~】ファンリーシュ主催セミナー「個人のパーパスと企業価値は両立できる~ミドル人材のIXと企業価値向上を結びつける方程式とは何か?~」|オンラインセミナー

    企業価値向上に興味・関心のある経営者、役員、人事、経営企画の方、必見!! “個人のパーパスと企業価値は両立できる” そんな究極の仮説を紐解く、注目のオンラインセミナーが開催されます。 ▼ファンリーシュ主催セミナーの参加申込は下記Peatixページより 【ファンリーシュ主催セミナーを楽しむための事前チェック情報】 本イベントの主催は、志水 静香(しみず しずか)氏がCEO 兼 代表取締役を務める株式会社Funleash。 志水氏にはQUMZINEを運営する株式会社フィ

    スキ
    6

    【3/1 (火)19:00~】Notionでここまでできる!達人たちの「最強インプット+アウトプット術」|オンラインイベント

    2月17日に発売された村上臣氏の新著『Notionで実現する新クリエイティブ仕事術』。その発売を記念したフィラメント/QUMZINEとのコラボイベント開催が決定しました。 タスクも文書もWikiもデータベースもまとめて管理できるオールインワン情報共有ツール「Notion」。本書ではそんな万能ツール「Notion」をクリエイティブな仕事に役立てるためのノウハウが大公開されています。 ※Notionってそもそもどんな使い方ができるの!?という方はこちらの記事をチェック 今回の

    スキ
    19

    社内外の「知の結集」でイノベーションを生み出すには?

    ニューノーマル時代は、「VUCAの時代」でもあります。 価値観が高速で変容する中で、社会人として生活する期間はこれからさらに長期化していきます。 このような状況の中、「オープンイノベーション」や社内のあらゆる部署から知恵を募る「社内ビジネスコンテスト」が注目を集めています。 こうした社内外で起こる“知の結集“でイノベーションを生み出すにはどうすればいいのでしょうか? オープンイノベーションと社内ビジネスコンテストまず考えておきたいのが、「そもそも、オープンイノベーションや

    スキ
    10

    【2/21 (月)16:00~】自治体DXに立ちはだかる3つの壁を超えてゆけ!(地域DX推進ミートアップ #04)|オンラインイベント

    「地域DX推進ミートアップ」シリーズ第4回目となる今回のテーマは「自治体連携のときに起きうる3つの壁」。 制度の壁 予算の壁 意識の壁 をテーマにトークセッションを行います。 既に事業連携を経験された企業様、自治体職員様にとってはあるある話でもあり、今後気を付けていくべき「3つの壁」をテーマにトークセッションを展開していきます! ▼イベント詳細は下記Peatixページをチェック ■イベントが気になる方も参加予定の方も要チェックの情報はこちら本イベントの主催は、ヤフ

    スキ
    11