REPORT

41
固定された記事
REPORTマガジンとは?

REPORTマガジンとは?

こんにちは!QUMZINE(クムジン)編集部です。 REPORTマガジンでは、イベントやワークショップ、カンファレンスなどのレポート記事をお届けします。 当日参加できなかった方への情報提供はもちろん、実際に参加された方にも役立つ振り返り記事が集まっています。 イベント開催についての事前情報はTRENDマガジンに追加していきますので、ぜひこちらもご覧ください。

リモートワーク時代における地方の副業・兼業人材獲得 〜山形県の金融機関、人材紹介機関、スタートアップ支援の観点から〜

リモートワーク時代における地方の副業・兼業人材獲得 〜山形県の金融機関、人材紹介機関、スタートアップ支援の観点から〜

2018年に政府のモデル就業規則が改正され、副業が解禁されました。大企業を中心として従業員の副業が認められるようになり、企業の副業人材を積極的に受け入れるようになってきました。また、2020年にはコロナ禍により出勤を控えることが求められ、リモートワークが普及しました。こうした流れは、地方の企業による都市圏の副業人材の獲得を後押ししています。会社がスキル人材を囲い込むような時代ではなくなり、個人のエンパワメントがより良い未来を作るようになると期待されます。 2021年4月22

11
「自らの可能性に気づく」ワークショップを独自考案!|テストプレイ速報レポート

「自らの可能性に気づく」ワークショップを独自考案!|テストプレイ速報レポート

「オポチュニティー・ファインダー ワークショップ」とは?終身雇用制度が終焉し、人生100年時代・VUCA時代と呼ばれるような現代においては、自分の価値を日々アップデートする必要があります。そして、そのためには自分の価値や可能性がどんな方向に伸びていくかを自分自身で認識する必要が出てきます。 そこで、フィラメントでは自分自身のオポチュニティーを発見するために、全てオンラインで完結する「オポチュニティー・ファインダー ワークショップ」を開発しました。 ワークショップ開発にあた

27
ユカイ工学×フィラメントで一緒にオンラインイベントやってみた

ユカイ工学×フィラメントで一緒にオンラインイベントやってみた

ユカイ工学とフィラメントは2020年11月~12月にかけて、「×ユカイ工学でビジネスにもユカイを」と題した全3回シリーズのオンラインイベントを共催しました。 BOCCO(ボッコ)やQoobo(クーボ)など人とのコミュニケーションを意識したロボット製品を多数発売しているユカイ工学ですが、実は病院や高齢者向け施設、駐車場の運営企業などとBtoB向けのビジネスも多数展開しています。 イベントでは、ユカイ工学CEO青木俊介さんとゲスト企業の事業開発担当者がスピーカーとして登壇し、モデ

10
×ユカイ工学でビジネスにもユカイを vol.3 | 寝室に新しい意味を持たせた『popIn Aladdin』ヒットの秘密と、これからの新商品開発とは。 ミニレポート

×ユカイ工学でビジネスにもユカイを vol.3 | 寝室に新しい意味を持たせた『popIn Aladdin』ヒットの秘密と、これからの新商品開発とは。 ミニレポート

シーリングライトの端子に装着することで、壁面にプロジェクターの映像を映し出すことのできる革新的なデバイス「popIn Aladdin」。開発したpopIn株式会社はそれまでハードウェアを開発したことのないコンテンツの会社でした。そこでユカイ工学に試作機の開発を依頼したところ、3ヶ月というスピードで完成したといいます。popIn株式会社は試作機の開発になぜユカイ工学を選び、また、どうして短期間で完成させることができたのでしょうか。2020年12月18日にpopIn株式会社の代表

6
×ユカイ工学でビジネスにもユカイを vol.2 | NTTドコモや三菱地所パークスが、ユカイ工学と仕掛けるウェルビーイングな新規事業とは? ミニレポート

×ユカイ工学でビジネスにもユカイを vol.2 | NTTドコモや三菱地所パークスが、ユカイ工学と仕掛けるウェルビーイングな新規事業とは? ミニレポート

ユカイ工学とともに、NTTドコモはオフィスやマンションなどで利用されることを想定した無人コンビニ「TukTuk」を、そして三菱地所パークスは身体障害者向けの駐車スペースを管理するシステムを開発しています。2020年12月9日に両社の事業開発担当者をゲストスピーカーに迎え、ユカイ工学とフィラメント共催によるオンラインイベント『×ユカイ工学でビジネスにもユカイを vol.2』が開催されました。イベントでは、NTTドコモと三菱地所パークスの2社がユカイ工学を共創の相手に選んだ経緯や

13
×ユカイ工学でビジネスにもユカイを vol.1 | セコム×ユカイ工学が目指す、ウェルビーイングな世界とは? ミニレポート

×ユカイ工学でビジネスにもユカイを vol.1 | セコム×ユカイ工学が目指す、ウェルビーイングな世界とは? ミニレポート

セコムは2018年より、ユカイ工学の発売してるBOCCO(ボッコ)を活用した新しい見守りサービスの実証実験を行なっています。2020年11月25日にセコムからSMARTプロジェクトのご担当者をゲストに迎え、ユカイ工学とフィラメント共催によるオンラインイベント『×ユカイ工学でビジネスにもユカイを vol.1』が開催されました。イベントでは、業界一のセキュリティ会社であるセコムが、どういった経緯でBOCCOを取り入れることを決めたのか、また、実証実験中ではどういった手応えを感じて

13
起業の方法ではなく“起業家精神”を学ぶ ~武蔵野大学「アントレプレナーシップ学部」記者発表会レポート~

起業の方法ではなく“起業家精神”を学ぶ ~武蔵野大学「アントレプレナーシップ学部」記者発表会レポート~

武蔵野大学は2021年4月に、12番目となる新学部「アントレプレナーシップ学部」を武蔵野キャンパスに開設することを発表しました。2020年11月9日には武蔵野キャンパスで記者発表会が開催され、武蔵野大学学長の西本照真氏、学部長就任予定の伊藤羊一氏、教員就任予定の井上浄氏・篠田真貴子氏が登壇。QUMZINE編集部もいち早くこの情報を聞きつけ現地取材に行ってきました。(文/QUMZINE編集部 永井公成) すっきりと晴れ渡った秋空。こんな日にはどこかに出かけたくなりますね。 新

23
地域金融機関が成長企業を支えるために求められる『目利き力』とは

地域金融機関が成長企業を支えるために求められる『目利き力』とは

関東財務局前橋財務事務所が主催する第8回群馬活性化サロンが、2020年9月29日に群馬県庁32階の動画スタジオ「tsulunos(ツルノス)」にて収録されました。日本政策金融公庫中小企業事業本部新事業室東日本新事業・ベンチャー支援センター長の宮口浩幸氏、株式会社東和銀行リレーションシップバンキング推進部長の飯島裕司氏、株式会社ジャングルデリバリー代表取締役の三田英彦氏がそれぞれテーマスピーチを行い、株式会社フィラメント取締役COO兼CFOの渡邊貴史が「成長企業を支えるためのフ

11
修羅場をくぐった経験者が明かす、新規事業の失敗率を下げる方法(全員本音)

修羅場をくぐった経験者が明かす、新規事業の失敗率を下げる方法(全員本音)

1992年の「世界の時価総額トップ50」には、NTTを筆頭に10社の日本企業が名を連ねていました。しかし、現在はトヨタ1社のみ。約30年の間に、グローバルにおける日本企業のポジションはここまで変わっています。今回は、この状況に一石を投じる個性派イノベーターたちが三者三様の持論を展開した「Interop Tokyo 2019」スペシャルセッションの模様をレポートします。(文:酒井真弓) *本記事は、2019年7月に㈱フィラメントのコーポレートメディアで公開された記事の再掲です

11
「組織の境界」の融解が、大企業の新規事業開発の追い風となる  ~国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)研究ワークショップ『デフレーミング戦略から読み解くアフターコロナの企業運営』レポート~

「組織の境界」の融解が、大企業の新規事業開発の追い風となる  ~国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)研究ワークショップ『デフレーミング戦略から読み解くアフターコロナの企業運営』レポート~

2020年8月28日、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)が、研究ワークショップ『デフレーミング戦略から読み解くアフターコロナの企業運営』をオンラインで開催しました。シリーズ2回目となるテーマは「コラボレーション・共創・イノベーション」。政府・経営主導による働き方改革の推進とCOVID-19によるテレワークの加速により、企業の存在価値やワークスタイル、コミュニケーションが変化する中で、ウィズ/アフター コロナ時代において、イノベーションをどう起こし

10