マガジンのカバー画像

COLUMN

355
COLUMNマガジンでは、コラムやビジネスに役立つTipsなどを掲載しています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

COLUMNマガジンとは?

こんにちは!QUMZINE(クムジン)編集部です。 COLUMNマガジンでは、コラムやビジネスに役立つTipsなどをお届けします。 QUMZINE編集部やフィラメントメンバー、そしてQUM(※)のビジョンに共鳴する書き手のみなさまのnote記事をキュレーションしていきます。 (※)QUM 「QUM」は私たちによる造語で、「Quest探求・Unite連携・Move行動」の頭文字を取って、日本語の「組む」とひっかけました。 かんたんにいうと、「よりよい未来を作るために一緒に組

スキ
2

テレワークに役立つnote記事20選、一挙ご紹介します〜在宅勤務、コワーキングスペース、ワーケーションという新しい働き方〜

東京オリンピックを機に増加するテレワーク……となるはずが、コロナを機に普及したテレワーク。現在も、期間を設定した自宅勤務からフルリモートまで様々なテレワークが展開されています。 本記事では、「今後テレワークを検討している」、「現在のテレワークの生産性を上げたい」と考えている方にオススメのnote記事をご紹介していきます! テレワークの定義と準備在宅勤務、移動中に行う仕事、コワーキングなどの施設を利用して行う仕事、そしてワーケーションも含めて「テレワーク」なんですね! テ

スキ
24

別所哲也 氏も登壇!SUNDRED主催Industry-Up Days Autumn 2022などのイベントをご紹介【探求!2022年9月 注目イベント情報】

2022年9月に開催されるイベントをQUMZINE編集部がリサーチ! ビジネスに役立つ知識を得るもよし、趣味として楽しむもよし。気になるイベントがないかチェックしてみてくださいね。 ※開催日等は公式サイトより引用しておりますが、参加される際は開催日時等を公式サイトにてご確認ください。 ■CNET Japan不動産テックオンラインカンファレンス2022街が、移動が、住まいが今変わろうとしている。 宅配便などのラストワンマイルがドローンやロボットに置き換わる実証実験が始まり、

スキ
5

Filament MAIL MAGAZINE 🔥今井俊文 氏がフィラメント顧問に就任【フィラメントメールマガジン第37号】

フィラメントでは毎月、フィラメントメールマガジンをお送りしています。 本記事ではメールマガジン最新号をご紹介します。 メールマガジンにご登録していただける方は、目次の「■メールマガジンの登録はこちら」からご登録をお願いします。 ■フィラメントメールマガジン第37号こんにちは! “新規事業創出のための閃きと行動を引き出す伴走型アイディエーションファーム”株式会社フィラメントです。 フィラメントは大企業への新規事業開発支援を通じて、アイデア創発から事業化に至る独自のプログラム(

スキ
3

鎌倉の海辺で夏を感じたり、奈良で悠久の時を感じたりと、盛りだくさん過ぎた2022年の夏でした。 2022年8月マンスリーレポート/フィラメント公式note『QUMZINE』

こんにちは、フィラメント/QUMZINEの永井です。 みなさんいつもフィラメント公式note『QUMZINE(クムジン)』をお楽しみいただきありがとうございます。 2022年8月度のQUMZINEマンスリーレポートを担当します。 このマンスリーレポートでは、QUMZINE編集部のメンバーによる編集後記を含めたレポートを月末にお届けしていきます。 今月公開した記事はこちら今月は奈良でのコワーキングスペースの取材や、東京駅至近の学生によるセレクトショップ内覧会をはじめとして

スキ
8

“悠久のサードプレイス” 奈良でテレワークするという「よい仕事」の選択肢

近鉄奈良駅からワーキングスペースBONCHIを目指す鹿を見たい方も、奈良ホテルに泊まる方も、テレワークをする方も、まず降り立ちますのは近鉄奈良駅。 そして駅を出て商店街を歩くこと6分。 「もちいどのセンター街」の中にあるワーキングスペース、BONCHIが見えてきました。 droppinを使えば、「到着したのに満席!」なんてことは起こりません今回のテレワークではNTTコミュニケーションズのワークスペース検索・予約サービス「droppin(ドロッピン)」を利用して事前予約を

スキ
12

夏だ!鎌倉の海辺でワークしようぜ!!~コワーキングスペースGOOD WORKING ZAIMOKUZAを(再)来訪しました~

潮風、感じましょこんにちは。QUMZINE編集部、関東担当の永井です。 最高気温が35度を超える日はさすがに少なくなってきましたが、まだまだ暑い日が続きますね。蒸し暑い日本の夏は普通に過ごすのも大変…。 こんな日は仕事をぶん投げて海に行きましょう! うぇ~い! ・・・え、仕事をぶん投げるのは無理そうですか?  それなら、海辺で働けば良いのでは?? というわけで、湘南・鎌倉にある海水浴場「材木座海水浴場」のすぐ近くにあり、まさにリゾート気分でワークできるコワーキングス

スキ
28

学生が主役の地域産品セレクトショップ「アナザー・ジャパン」が東京駅前にオープン!内覧会でこれまでのあゆみをお聞きしました

2021年、東京駅すぐ近くにオープンしたTOKYO TORCHの常盤橋タワー。TOKYO TORCHに関しては、以前QUMZINEでも三菱地所の谷沢さんや新潟県小千谷市の大塚市長にインタビュー取材をさせていただきました。 そして、昨年12月にはこのTOKYO TORCHを舞台として三菱地所と中川政七商店がタッグを組み、これまでになかったようなプロジェクトを開始するという記者会見に参加しました。それが全国各地出身の学生が出身地域の産品を仕入れ、店舗を経営し、プロモーションを行

スキ
16

個人のパーパスと企業価値は両立できる~ミドル人材のIXと企業価値向上を結びつける方程式とは何か?~ などのイベントをご紹介【探求!2022年8月 注目イベント情報】

2022年8月に開催されるイベントをQUMZINE編集部がリサーチ! ビジネスに役立つ知識を得るもよし、趣味として楽しむもよし。気になるイベントがないかチェックしてみてくださいね。 ※開催日等は公式サイトより引用しておりますが、参加される際は開催日時等を公式サイトにてご確認ください。 ■ものづくり・匠の技の祭典2022世界に誇る日本のさまざまな「匠の技」が見られる! 体験できる! 日本を支えてきた伝統的な匠の技と最先端のものづくり技術の魅力を発信。 「ものづくり・匠の技の

スキ
4

Filament MAIL MAGAZINE 🔥フィラメントがNTT西日本の未来共創プログラムのアイデア創出やプログラム運営をサポート【フィラメントメールマガジン第36号】

フィラメントでは毎月、フィラメントメールマガジンをお送りしています。 本記事ではメールマガジン最新号をご紹介します。 メールマガジンにご登録していただける方は、目次の「■メールマガジンの登録はこちら」からご登録をお願いします。 ■フィラメントメールマガジン第36号こんにちは! “新規事業創出のための閃きと行動を引き出す伴走型アイディエーションファーム”株式会社フィラメントです。 フィラメントは大企業への新規事業開発支援を通じて、アイデア創発から事業化に至る独自のプログラム(

スキ
2

note公式マガジンにピックアップされる方法3選!? 2022年7月マンスリーレポート/フィラメント公式note『QUMZINE』

こんにちは、フィラメント/QUMZINEの土肥です。 みなさんいつもフィラメント公式note『QUMZINE(クムジン)』をお楽しみいただきありがとうございます。 2022年7月度のQUMZINEマンスリーレポートを担当します。 このマンスリーレポートでは、QUMZINE編集部のメンバーによる編集後記を含めたレポートを月末にお届けしていきます。 今月公開した記事はこちら今月は公開した記事のうち2本がnote公式マガジンにピックアップしていただきました!(嬉しい!) 松

スキ
12

ほぼ日本最南端の写真も!QUMZINEより皆様に夏の写真をお届けします #みんなでつくる夏アルバム

本記事執筆日は東京の最高気温が36度。そして週間天気予報はひたすらに晴れマークが並んでいます。夏真っ盛りですね。 そこで、今年もQUMZINEはみなさんと一緒にnoteの『 #みんなのフォトギャラリー 』を夏で埋めつくす企画に参加します! 本記事では、QUMZINEを運営するフィラメントのメンバーが今夏撮影した本企画用の写真を一挙ご紹介! 「#みんなでつくる夏アルバム 」に選ばれた1枚はどれか予想しながらご覧ください。 ■海辺の素敵なホテル一枚目は海が窓から見える素敵な

スキ
5

「出雲そば」から「バラパン」まで!松江ワーケーションで出会った、島根県の美味いものまとめ

ワーケーション中に見つけたグルメ情報おいでやす おおきに屋 「おいでやす おおきに屋」は松江ニューアーバンホテル近くの茶町商店街に連なる居酒屋。島根の日本酒「死神」をはじめとしたさまざまなお酒と串焼き、日本海の新鮮な魚介類等を楽しめます。 焼き立ての串焼きやのどぐろもおいしかったのですが、なかでも妙に記憶に残っているのが、「長芋のフライドポテト」。 大きめに切られた長芋を揚げて味付けをしたもので、揚げたてでカリカリ・ホクホクとした食感を楽しめます。ジャガイモとはまた違っ

スキ
116

松江で非日常と癒しを感じるワーケーション!実際にやってみて気付いたワーケーションのコツとは?

「Workation NEXT」で3泊4日松江へワーケーションに行ってきた今回松江を訪れることになったのは、「Workation NEXT」をご紹介いただいたのがきっかけ。こちらはワーキングヘルスケアプログラムMATSUEコンソーシアムが主催し、ワークアット株式会社が企画・運営する、松江で行われる3泊4日のワーケーションプログラムで、ワーケーションを行うことで「いつもと違う空間で、普段出会わない人と関わり、地域の歴史文化に触れながら、地域とのコミュニケーションを通じて『自己認

スキ
34