新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

noteがきっかけで日経WOMANに取材いただきました! #noteでよかったこと

QUMZINE by Filament, inc.

日経WOMANから取材を受けました!

日経WOMAN(2022年4月号)にQUMZINEを運営する(株)フィラメント チーフエグゼクティブアシスタント 小川さんの取材記事が掲載されました。
『特集1 自分の 「強み」 の見つけ方 「私らしさ」 こそ最強の武器になる!』にてトップインタビューを飾らせていただいています!


取材のきっかけは、QUMZINE記事!

きっかけは、QUMZINEのnote記事。
こちらのインタビューをお読みいただき、今回の取材へと繋がりました!
まさに、「 #noteでよかったこと 」です!

こちらの記事は、コロナ禍に伴うテレワークの推進・・・よりも遥か前の2017年から「オンライン秘書業務」を担当してきた小川さんに仕事内容から勤務体系、オンライン秘書業務のコツまでお伺いしたインタビュー記事です。


取材を受けた小川さんからもコメントをいただきました!
noteをきっかけに受けた取材で、たくさんの良いことがあったようです!

QUMZINE記事をきっかけに、今回日経womanさんの巻頭特集「自分の『強み』の見つけ方」にて取材していただきました。
まさか自分の人生で雑誌の取材依頼をいただくことがあるとは思っていなかったので、正直私でいいのかと不安な気持ちもありました。
取材を受けることで、自分自身を振り返って言語化することはとても大切だなと改めて感じました。
また、社内のメンバーや社外で関わってくださっているみなさんがSNSに投稿・シェアしてくださったり、家族や友人が自分のことのように喜んでくれたことはとても嬉しかったです。
大変貴重な機会をいただき感謝しています!

日経WOMANの取材以前にも新たなきっかけを生み出していました

取材のきっかけとなった小川さんのインタビュー。
実はこのインタビューをきっかけに、「秘書シリーズ」と銘打って、さまざまな業界で活躍する秘書の皆さんにお話を伺うインタビューシリーズ企画へと発展しました。

便宜上、「秘書シリーズ」と銘打っているのですが、実際にインタビューでお話をお伺いすると業務内容は千差万別。職名も、”オンライン秘書”や”エグゼクティブ・アシスタント”などさまざま。「秘書」という言葉に収まりきらない魅力的なお仕事だとインタビューをするたびに感じています。

これまでインタビューを続けていく中で見えてきた共通点については、以下の記事でご紹介しています。


note proでよかった!

フィラメントのオウンドメディアQUMZINEはnote proを利用しています。

編集のしやすさや、情報が伝わりやすい工夫されたデザインはもちろん、note proでの発信をきっかけに、今回のような取材を受けることになったり、自分たちの活動をたくさんの人に知ってもらうことができたり、たくさんの #noteproでよかったこと があります 。

きっかけを生んでくれたnoteさんには大感謝です!
今回の #noteでよかったこと に続いてたくさんの良かったことが起こりますように!!

最後までお読みいただきありがとうございました!
QUMZINEのアカウントをフォローしていただけるととっても嬉しいです👇
 ◆QUMZINE(noteproアカウント)◆

QUMZINEの更新情報はTwitterにてお知らせしています👇
◆Filament, inc. | QUMZINE(Twitterアカウント)◆

この記事が参加している募集

noteでよかったこと

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

QUMZINEの最新情報は株式会社フィラメント公式Twitterでお届けしています!