マガジンのカバー画像

COLUMN

332
COLUMNマガジンでは、コラムやビジネスに役立つTipsなどを掲載しています。
運営しているクリエイター

#note新エディタ

2021年のハロウィーンの楽しみ方はこれだ!

いつの間にか秋になると必ず目に、耳にするようになったハロウィーン。ハロウィーンの推計市場規模は2019年には約1155億円となり、バレンタインデー(約1260億円)、母の日(約1205億円)に次いで3番目となっています。(出典:記念日文化研究所調査) 2020年のハロウィーンの夜、閑散とした渋谷のスクランブル交差点から中継が行われていたことが記憶に新しいですが、2021年のハロウィーンはどうなるのでしょうか? QUMZINE編集部にて2021年のハロウィーンの楽しみ方をリサ

スキ
8

LINE 青田努さんがゲストフィーカに登場! #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■ゲストフィーカ:LINE 青田努さんQUMZINEを運営しているフィラメントでは、1日30分間時間を確保しています。社外のゲストもお呼びして雑談することもあり、ご本人の許可を得て記事にすることもあります。 今週は、LINE青田さんにゲスト参加いただき、フィーカタイムを楽しみました。 フィーカって何!?という方はぜひぜひ以下の記事をお読みください。 ■CNET JapanにてCEO角が『新規事業の達人』を連載中企業の新規事業開発を幅広

スキ
10

データと教養の力で、いつもと違う視点から物事を考えてみよう!|QUMZINEダイジェスト〜2021年9月〜

QUMZINEの1ヶ月の情報をまとめてお届け! 読み逃したあんな記事から、予想外の出会いができるこんな記事まで盛り沢山です。 目次から気になる記事を探すも良し、上から順に読むも良しです! 「そもそもQUMZINEって何!?」という方はこちらの記事からお読みください。 ◆大人気秘書シリーズ!|“秘書は経営者のコーチだ” 世界一明るい視覚障がい者として著名なコンサルタントの秘書世界一明るい視覚障がい者として著名なコンサルタント 成澤 俊輔さん。50~60社のコンサルティングす

スキ
9

リモート環境でも組織内のつながりが弱くならないための5つのアイデア

リモートワークがメインになって、組織内のコミュニケーションがガラッと変わりました。 仕事仲間とやりとりするにもテキストによるコミュニケーションが必須で、ZoomやTeamsなどで仕事の打ち合わせはできても、何気ない会話の機会はありません。ここで危惧されるのが、リモートワークが続くにつれて組織内のつながりが弱くなっていってしまうのではないかということです。 実際に、NTT サービスエボリューション研究所、NTT コミュニケーション科学基礎研究所が行った『在宅勤務が職場の関係性

スキ
11

初心者でもわかりやすい「Notionのチーム活用術」が学べるオンラインイベントって・・・? #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■今週公開のQUMZINE記事後編公開!大人気秘書シリーズ!!|“秘書は経営者のコーチだ” 50~60社のコンサルティングする成澤さんの超多忙な毎日を支える秘書の 涌井里菜 さんにインタビューを敢行! 後編では、世界一明るい視覚障がい者として著名なコンサルタント 成澤 俊輔さんからのコメントも掲載しています!営業支援、勤務管理、情報収集など多岐にわたる仕事内容や、上司あるいは部下との仕事の進め方に悩む方、秘書業務に興味がある方、ぜひお読み

スキ
8

Filament MAIL MAGAZINE 🔥MOON-X株式会社の新事業にフィラメントが共創パートナーとして参加【フィラメントメールマガジン第26号】

フィラメントでは毎月、フィラメントメールマガジンをお送りしています。 本記事ではメールマガジン最新号をご紹介します。 メールマガジンにご登録していただける方は、目次の「■メールマガジンの登録はこちら」からご登録をお願いします。 ■フィラメントメールマガジン第26号こんにちは!「人々の情熱を引き出し、閃きと行動につなげる伴走型のアイディエーションファーム」、株式会社フィラメントです。 フィラメントは大企業への新規事業開発支援を通じて、アイデア創発から事業化に至る独自のプログラ

スキ
5

農業、グッズ販売… 地域の課題を解決するために、地方金融機関によるユニークな取り組みが増えています

コロナ禍でリモートワークが普及したり、コロナ後も見据えて「勤務地不問」の求人が増えてきつつあるとはいえ、大きな流れとして東京一極集中や人口減による地方の縮小という問題は残り続けています。地域に密着し、金融の側面で地方の経済を支えてきた地方銀行などの地方金融機関は、地域における課題にこれまで以上に幅広く応えています。今回は、地銀の本業にとらわれないユニークな取り組みを集めて紹介します。 アボカド、キウイ、レモン、コーヒーを栽培する農業法人を設立 株式会社夢逢いファームより引

スキ
15

【探求!注目イベント情報】2021年10月度 ~ビジネスから美術展まで盛りだくさん〜

2021年10月に開催されるイベントをQUMZINE編集部がリサーチ! 分野はビジネスからアートまでさまざま!ビジネスに役立つ知識を得るもよし、趣味として楽しむもよし。気になるイベントがないかチェックしてみてくださいね。 ※開催日等は公式サイトより引用しておりますが、参加される際は開催日時等を公式サイトにてご確認ください。 ■庵野秀明展開催日時 2021年10月1日(金)~12月19日(日)      毎週火曜日休館 ※ただし11月23日(火・祝)は開館 会場  国立新

スキ
6

パラリンピックが終わったあとも、パラスポーツを楽しむ方法を調べました!

オリンピックに続いてパラリンピックも終了し、秋の足音がしてきました。 パラスポーツ、盛り上がりましたよね!「気づけば毎晩車いすバスケを見ていた」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は、パラリンピックが終わったあともパラスポーツを楽しむ方法を調べてみました。試合を観戦したり、体験したり、サポーターになったり・・・。自分にぴったりの楽しみ方を見つけてください。 車いすバスケットボールまずは、前回王者の米国を60-64と追い詰め銀メダルを獲得した車いすバスケットボ

スキ
6

2021年に入ってから堂々復活!サービス業の中で求人が右肩上がりになった職種とは?

V-RESASをご存知でしょうか。V-RESASは、内閣府地方創生推進室と内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供するサイトで、新型コロナウイルスによる地域経済への影響を、人流、消費、飲食、宿泊、イベントなどの各ジャンルごとにマップやグラフで視覚化しています。利用にあたり登録などは不要で、ウェブサイトから誰でも簡単にジャンルや地域を設定したグラフを閲覧することができます。本記事ではV-RESASを面白がってみます。 ステイホームのうちに…?今回注目するのは「全国の求人

スキ
13

回答すると抽選でプレゼントが当たる記事!? #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■MOON-X株式会社の新事業にフィラメントが共創パートナーとして参加「共創を通じてJAPAN BRANDSの発射台となる」をミッションに掲げるMOON-X株式会社がブランドの発射台となり共に成長する「MOON-X BRAND STUDIO」を発足! ブランドを拡幅する共創パートナーとして、ソニーグループ株式会社やCAMPFIREとともにフィラメントも参加しています。 フィラメントCEO角によるCNET連載『事業開発の達人』にて MOON

スキ
7

未来のヒントは意外なところにあるのかも|QUMZINEダイジェスト〜2021年8月〜

QUMZINEの1ヶ月の情報をまとめてお届け! 読み逃したあんな記事から、予想外の出会いができるこんな記事まで盛り沢山です。 目次から気になる記事を探すも良し、上から順に読むも良しです! 「そもそもQUMZINEって何!?」という方はこちらの記事からお読みください。 ◆人生100年時代のキャリア構築法!〜人はどうしたら変われるのか〜人事院で国家公務員の採用関連の仕事を担当されている橋本賢二さんにインタビューを敢行! 「信頼の下駄」「強迫と共感」といった、パワーワードも多数

スキ
6

コロナ禍で、リモートエンタメ花盛り!ライブ、海外旅行、釣りなどユニークなものを集めてみました

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置によるステイホーム期間が続き、新型コロナウイルスによって社会に大きな変化がもたらされました。その中で、新しいビジネスも続々と起きており、それはエンタメ市場も例外ではありません。今回はそんなリモートエンタメをまとめてみました。 オンラインライブリモートエンタメとしてまず思いつくのがオンラインライブ。サザンオールスターズが2020年6月に行ったオンラインライブはABEMA、GYAO!、新体感ライブCONNECT、PIA LIVE STREAM、

スキ
5

【終了】QUMZINE史上初!抽選でプレゼントが当たる読者アンケートを実施します!

読者アンケート企画やります!2020年4月に株式会社フィラメントのオウンドメディア「QUMZINE」がnoteで開始されてもうすぐ1年半。インタビュー記事やコラム記事、イベントレポートなどたくさんの記事を公開してきました。 「読者の皆さんにQUMZINEはどんなふうに思われてるんだろう?」 「どんな記事に需要があるんだろう?」 「そもそも読んでる人いるのか?」 という思いもあり、読者アンケートを行うことになりました。 既に何回か行っている、記事の企画のための「アンケート

スキ
17