COLUMN

177
固定された記事

COLUMNマガジンとは?

こんにちは!QUMZINE(クムジン)編集部です。 COLUMNマガジンでは、コラムやビジネスに役立つTipsなどをお届けします。 QUMZINE編集部やフィラメントメンバー、そしてQUM(※)のビジョンに共鳴する書き手のみなさまのnote記事をキュレーションしていきます。 (※)QUM 「QUM」は私たちによる造語で、…

「テキストコミュニケーション能力」が問われる時代がやってきた。

職場にいる「コミュニケーション能力が高い人」と聞くと、みなさんはどんな人を思い浮かべますか? 「いつも明るい」「誰とでも気さくに話ができる」「気配りが上手い」「会話のテンポがスムーズ」など、全般的にポジティブなイメージをお持ちの方が多いのではないかと思います。 しかし、コロナ禍で…

【文学・エッセイ編】QUMZINE読者が忖度なしに選ぶ「この1冊」をまとめてみたらピエール…

QUMZINEでは2021年1月に「忖度ナシで!あなたが、もし1冊だけ本を選ぶなら?」というアンケート調査を実施しました。たくさんのご回答ありがとうございました。 前回に引き続き、本記事ではみなさんからいただいたご回答を紹介していきます。出版社の紹介を引用し、Amazonのリンクもつけていますので…

新しいことへの”挑戦”を読む #オープン社内報

#フィラメント週間リポート 】 ■CNET JapanにてCEO角が『新規事業の達人』を連載中 日本のビジネス界にて多大な影響力を持つ CNET Japan にて、フィラメントCEO 角が連載中です! これまで連載で解説してきた「テレコラボ戦略」をより深く具体的に理解するために、事業開発やリモートワークに通…

【広報担当必見】今日からはじめるLinkedInビジネスページの有効活用②

LinkedInビジネスページの攻略方法をお伝えするシリーズ、 【広報担当必見】今日からはじめるLinkedInビジネスページの有効活用。(前回の記事はこちら) 企業がLinkedInビジネスページを通じて情報発信していくことで、いったいどのような価値が得られるのか?フィラメントの場合は大きく以下の3つ…

【思想・社会編】QUMZINE読者が忖度なしに選ぶ「この1冊」をまとめてみたら大前研一やア…

QUMZINEでは2021年1月に「忖度ナシで!あなたが、もし1冊だけ本を選ぶなら?」というアンケート調査を実施しました。たくさんのご回答ありがとうございました。 本棚を見ればその人がどういう人がわかるとも言われます。QUMZINE読者のみなさんが1冊だけ本を選んで欲しいと言われた時にどういった本を…

新規事業開発・DX「実践者」の声を聞け #オープン社内報

#フィラメント週間リポート 】 ■CNET JapanにてCEO角が『新規事業の達人』を連載中 日本のビジネス界にて多大な影響力を持つ CNET Japan にて、フィラメントCEO 角が連載中です! これまで連載で解説してきた「テレコラボ戦略」をより深く具体的に理解するために、事業開発やリモートワークに通…

【広報担当必見】今日からはじめるLinkedInビジネスページの有効活用①

みなさんは、7億4000万人のビジネスパーソンが利用しているビジネス特化型SNSをご存知でしょうか?その名も、LinkedIn(リンクトイン)。 日本でも200万人を越えるビジネスパーソンが利用しているとなれば、個人アカウントや会社のビジネスページを作成しない理由はありません! ビジネスに特化した世…

WBSの入山章栄教授はフィラメントのどこに魅力や可能性を感じたのか?

2021年2月1日付で、『世界標準の経営理論』や『両利きの経営』などがベストセラーとなっているビジネス書の著者でもある早稲田大学ビジネススクールの入山章栄教授がフィラメントの顧問に就任しました。 今回の顧問就任を知らせるプレスリリースは各メディアで注目されており、様々なネットニュースで…

イノベーション業界の大物が続々登場!!QUMZINEダイジェスト〜2021年1.2…

QUMZINEの1-2月の情報をまとめてお届け! 読み逃したあんな記事から、予想外の出会いができるこんな記事まで盛り沢山です。 目次から気になる記事を探すも良し、上から順に読むも良しです! 「そもそもQUMZINEって何!?」という方はこちらの記事からお読みください。 ◆入山章栄氏、顧問就任記念イ…

社内の人間関係を良くする方法!?  #オープン社内報

#フィラメント週間リポート 】 ■今週公開のQUMZINE記事 DX|現場ではどのような実践がおこなわれているのか? 大企業のDX推進という言葉を耳にするようになりましたが、実際にどのようなことがおこなわれているか気になりませんか? 今回は、NECのDXデザインチーム「DXDグループ(※)」グループ長…