見出し画像

知らぬ間に相手にイラっとされているかも!? あなたが気づかないオンライン会議での癖

オンラインミーティングでのコミュニケーションでは、対面のミーティングでは気にならないところも気になり、時にはそれらが人をイラっとさせているようです。

QUMZINEでは11月26日から2週間、「オンラインミーティングで他人にされてイラッとしたこと」に関するアンケートを実施しました。2週間という短い期間だったにも関わらず多くのご回答をいただきましてありがとうございました。前回の記事に引き続き、面白い部分をいくつかご紹介します。なお、集計結果につきましてはこの後にも2回記事を出していきますよ。

▼前回の記事はこちら


やっぱりリアクションや視線には気をつけたほうが良さそう

今回取り上げるのは、特に多かったコミュニケーションに関連するイラっとしたこと。まずは、視線や反応など、リアクションについてまとめてみました。

・こちらがプレゼンしているのにあくび、よそ見をされたとき

・画面の外を見られると何を考えるのかわからない。

・無言、ノーアイディアでミーティングに参加する

・静止して無反応。通信障害なのかな?と思って『聞こえてますか?』と確認すると『聞いてるに決まってんだろ、繋いでんだから』と怒られる。 
など

テレワークやオンライン会議が多くの企業で取り入れられるようになった時に、多くのメディアがコツとして「リアクションを大げさにする」ということを報じていたように思います。皆さんの回答を見る限り、やはりリアクションは気をつけたほうが良さそうです。(それにしても最後のご回答をくださった方が不憫すぎる…。)

オンライン会議中に他ごとをしてて事故

オンライン会議で話をしているのに、相手が他ごとをしていることに気づいてイラっとすることも起きているようです。

・仕事の真剣な話をしているにも関わらず、膝の上にペットを乗せて、褒めてと言わんばかりの表情をされた時にはイラっとしました。

・わざと猫をカメラの前に置く。

・会議中にミュートにしてゲームや資料作成の内職をしているのがわかる。

・マイクミュートされて無い事に気付かず、会議とは関係ない電話対応の声が全部オンライン会議に流れた時。しかもその電話での言葉づかいも悪く、オンライン会議先のお客さんが激怒した時。 など

ペットが邪魔してくるのはオンライン会議の風物詩ですが、それはあくまで不可抗力だから許されるという感じでしょうか。最後のご回答はだいぶ事故ですね…。

他にも、「背景見て、ご自宅はじめてみましたねぇとなんか感慨深く言うおじさんの出現」、「ネガティブな事はありませんでした。むしろそれぞれの方の生活感が見えたりして面白かったです。」などがありました。

集計をしての全体的な印象としては、前回ご紹介した「顔出し」に関することと、今回のコミュニケーションに関することが総数として多かったという感じです。回答をお寄せくださった皆さん、ありがとうございました。

次回は、もう1問お尋ねしていた「オンラインミーティングをしていて困っていることや不便なこと」についていただいたご回答を記事にします。


「2020年までで無くなって欲しいモノ」を匿名で教えてください

QUMZINEでは読者の皆さんから月に1回、匿名で答えられる簡単なアンケートをとり、その集計をして記事にしていきます。みなさんが普段思っていることをこっそり教えてください。

2020年12月は、「2020年までで無くなって欲しいモノって?」をテーマに質問をしています。社会に大きな変化のあった2020年ですが、この社会変化を見ての「無くなって欲しいモノ」でもいいですし、すごく個人的な「無くなって欲しいモノ」でも構いません。ラジオのお便りに投稿するような気軽な気持ちで、匿名で教えてください。

アンケートは2021年1月5日までこちらで受け付けております。どうぞよろしくお願いいたします!


次なる調査結果はこちらをチェック▼


QUMZINEの最新情報は株式会社フィラメント公式Twitterでお届けしています!

やったー!!フォローもいただけると励みになります!
7
(株)フィラメントが運営する「QUMZINE」のnote公式アカウント。「よりよい未来をつくる」ために、オープンイノベーションやギブファーストでみなさんと交流・繋がっていきたいです。更新情報はTwitterにて発信。https://twitter.com/Filament_Inc

こちらでもピックアップされています

COLUMN
COLUMN
  • 132本

COLUMNマガジンでは、コラムやビジネスに役立つTipsなどを掲載しています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。