見出し画像

Filament MAIL MAGAZINE 🔥生成AIとの対話で新規事業を企画する「プロンプトマネジメント」とは?【フィラメントメールマガジン第47号】

フィラメントでは毎月、フィラメントメールマガジンをお送りしています。
本記事ではメールマガジン最新号をご紹介します。
メールマガジンにご登録していただける方は、目次の「■メールマガジンの登録はこちら」からご登録をお願いします。

■フィラメントメールマガジン第47号

こんにちは!
“新規事業創出のための閃きと行動を引き出す伴走型アイディエーションファーム”株式会社フィラメントです。
フィラメントは大企業への新規事業開発支援を通じて、アイデア創発から事業化に至る独自のプログラム(オンラインワークショップなど)を提供し、企業内に発想力と実行力を持った人を育てています。
このメールマガジンでは、新規事業開発にお悩みの方、フィラメント独自のプログラムについて詳しく知りたい方に向けてフィラメントの活動を発信していきます。
(よろしければ、新規事業担当の方にも回覧していただけるとうれしいです。)

1.生成AIとの対話で新規事業を企画する「プロンプトマネジメント」とは?

一歩先への道しるべ ビズボヤージュにCEO角の取材記事が掲載されました。
現時点で「70点」の生成AIの成果物を100点に近づけるためにどうするか?
100点に近づいた回答を活かし「次のレイヤーのアイデア」を引き出すアプローチ「プロンプトマネジメント」とは?新規事業の現場でありそうな例題をもとにお話しています。

2.CEO角 CNET Japan連載『事業開発の達人たち』

日本のビジネス界にて非常に大きな影響力を持つ有力メディア CNET Japan にて、CEO角による『事業開発の達人たち』を連載中です。

・公募プログラムと新会社を立ち上げ、社内に事業創出の仕組みを構築--パッチワークキルト藤井弾氏
ハウス食品グループ本社(ハウス食品グループ) 新規事業開発部部長 兼パッチワークキルト(パッチワークキルト)代表取締役社長の 藤井 弾さんにご登場いただきました。
パッチワークキルトは、ハウス食品グループ内での新規事業開発を推進するために設立した事業実証会社で、藤井さんは本社内で新規事業創出プログラムを回しつつ、新会社の社長として冷凍幼児食のEC販売「Kidslation」(キッズレーション)」、保育園設置自動販売機での惣菜販売「タスミィ」などの社内プログラムから生まれた新規ビジネスの立ち上げを支えています。

前編では、藤井さんが新規事業畑に辿り着くまでのキャリアと、パッチワークキルトという独自の仕掛けの中身について伺います。
後編では、社内新規事業創出プログラム発の「Kidslation」(キッズレーション)」と、「タスミィ」という2つの事業と、藤井さんが可視化したハウス食品グループが狙うべき新規事業領域について、詳しく伺います。

3.ビジネス界のトップランナーが新規事業のお悩みにズバッとお答えします!|質問随時募集中

フィラメント/QUMZINEの公式YouTubeチャンネルで、新企画「新規事業お悩み相談室」を5月下旬よりスタートさせます。
新規事業お悩み相談室では、実際に新規事業に携わっている方々からお寄せいただいた質問やお悩みに、数々の新規事業の現場を見てきたスペシャリスト村上臣さん、グローバルなスタートアップ投資家として有名なリブライトパートナーズの蛯原健さん、そしてフィラメントCEOの角勝が相談員としてズバッと回答します。
質問の募集テーマは「新規事業に関わるお悩み」です。
「相談してみたい!」という方はぜひこの機会にご相談ください。
たくさんのご相談お待ちしています!!

これまでの配信アーカイブはこちら!各回約15分なので、移動の合間やお仕事の休憩中にぜひぜひご覧ください。


4.メディア出演情報|logmi Biz、浜カフェ

・世界をログする書き起こしメディアlogmiBizにフィラメント8周年イベントを記事化していただきました
2023年4月9日に創業8周年を迎えたフィラメントが開催したオンラインイベント「グローバル視点で徹底議論!日本の新規事業における課題と解決策」。
4月より新たにフィラメントの顧問に就任いただいた蛯原健さん、そしてフィラメントCSO村上臣さんという2大賢人のグローバルな視点を交えて大企業における新規事業の課題や悩み事の核心をグローバル視点から探りました。
本イベントで実施した『新規事業お悩み相談室』は多くの方に好評いただいています。

・放送アーカイブ|CCO宮内出演 浜松町Innovation Culture Cafe

毎週月曜19:00~放送中のラジオ番組、「浜松町イノベーションカルチャーカフェ(浜カフェ)」にCCO宮内が出演。『人間にできて、ChatGPTにできないことは?「ChatGPT時代の歴史思考」』をテーマに2週に渡ってお話したアーカイブが公開されています。
「浜カフェ」は気鋭の経営学者・入山章栄 教授(フィラメント顧問でもあります!)とともに様々なジャンルのクリエ―ターや専門家、起業家たちが社会課題や未来予想図などをテーマにアイディア、オピニオンをぶつけ合い、より良い未来の姿とそれを実現するイノベーションのヒントを探るラジオ番組です。

・テーマ:ChatGPT時代の歴史思考
・出演:入山章栄教授、深井龍之介氏(株式会社COTEN代表取締役CEO)、宮内俊樹(フィラメントCCO)、田ケ原 恵美 氏

第182回『人間にできて、ChatGPTにできないことは?「ChatGPT時代の歴史思考」#1(4月24日「浜カフェ」)深井龍之介(COTEN代表取締役CEO) 宮内俊樹(フィラメントCCO) - PodcastQR 文化放送 気鋭の経営学者・入山章栄とともに様々なジャンルのクリエ―ターや専門家、起業家たちが社会課題や未来予想図などをテーマにアイデ podcastqr.joqr.co.jp

5.事例紹介|「面白がり力」強化プログラム

フィラメントのコーポレートサイトではこれまで実施した講演事例を紹介しています。
今回ご紹介するのは、テレビ番組を中心とするコンテンツ制作会社で企業内研修として実施いただいた「面白がり力」強化プログラム。
一見、クリエイティブそのものと見えている番組制作の現場。しかし実態としては、ヒット番組のテンプレートの使いまわしや既存の番組制作メソッドの組み合わせに陥りがちで、新たな発想でコンテンツを創る意識が希薄であるとのこと。
・コンテンツ制作の現場において、型にとらわれない発想や視点をもつことの重要性に気づかせる
・自ら、新たな発想や視点を作り出す意識改革のきっかけをつくる

の2点を目的として、新任マネージャー研修の一環として人数を絞ったワークショップを実施しました。

6.6月の公開記事 /オウンドメディア QUMZINE

台風一過の爽やかな青空の下、日比谷音楽祭で北海道・東川町のファンになる日|イベントレポート
2023年6月3日~4日に日比谷公園で開催された「日比谷音楽祭」では、ライブイベント以外にも様々な企業のブースが設置されていました。
以前QUMZINEで取材させていただいた北海道東川町のブースでは、「写真の町」をアピールすべく、東川町の風景をバックに、東川町で制作された椅子とともに東川町在住のプロのカメラマンが記念写真を撮影するという企画を行っていました。

関数を覚える時代はもう終わり!?スプレッドシートやExcelの関数はGPTExcelにまかせよう!
ChatGPTを始めとした生成AIの登場後、その進化と成長は留まるところを知りません。今回はGPTExcel を使用してみた様子をご紹介します。
GPTExcel とは、読んで字の如く、GPT ? Excelが一体となったサービスです。AIを使用してスプレッドシートやExcelの関数を生成してくれます。これまでは自分で(あるいはヘルプ機能を使いながら)打ち込んでいた関数が自動で生み出されるとはどのようなものなのでしょうか?

7.企業向けオンラインワークショップ・講演のご案内

フィラメントではニューノーマル時代に合わせて、新規事業開発のための発想ワークショップや講演をオンライン/オフラインで提供しています。ご興味をお持ちの方の連絡をお待ちしています。
リニューアルしたコーポレートサイトにて、「面白がり力」強化プログラムWS・ストーリーカードメソッドWS・講演・対談などの事例をご紹介しております。

───────────────────────────────
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
フィラメントでは、テレワークや経済的支援についてなどの有益な情報をLinkedInページ、Facebookページにてシェアしています。
この危機をみなさんとともに乗り越えるべく、どんなときも面白がり力を忘れず、今フィラメントにできることに邁進してまいります。
~Light up your Passion & Business~

■メールマガジンの登録はこちら

メールマガジン登録のお申し込みは以下のページのメールフォームより受け付けております。月初にメールマガジンをお届けするほか、イベント情報などの号外メールをお届けします。
ぜひぜひ、ご登録ください!

QUMZINEを運営するフィラメントの公式ホームページでは、他にもたくさん新規事業の事例やノウハウを紹介しています。ぜひご覧ください!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

QUMZINEの最新情報は株式会社フィラメント公式Twitterでお届けしています!