マガジンのカバー画像

COLUMN

332
COLUMNマガジンでは、コラムやビジネスに役立つTipsなどを掲載しています。
運営しているクリエイター

#オープン社内報

フィラメント7周年、公民共創イシューファインダー第3回、コラム記事盛りだくさん…怒涛の2022年4月マンスリーレポート/フィラメント公式note『QUMZINE』

こんにちは、フィラメント/QUMZINEの土肥です。 みなさんいつもフィラメント公式note『QUMZINE(クムジン)』をお楽しみいただきありがとうございます。 2022年4月度のQUMZINEマンスリーレポートを担当します。 このマンスリーレポートでは、QUMZINE編集部のメンバーによる編集後記を含めたレポートを月末にお届けしていきます。 さて、4月9日をもちまして7周年を迎えることができました。 皆様のあたたかいご支援の賜物と深く感謝申し上げます。 フィラメン

スキ
8

Notionイベント、公民共創プロジェクト、山形県×NTT Com実証実験、日経WOMAN掲載、神エクセル…怒涛の2022年3月マンスリーレポート/フィラメント公式note『QUMZINE』

こんにちは、フィラメント/QUMZINEの平井です。 みなさんいつもフィラメント公式note『QUMZINE(クムジン)』をお楽しみいただきありがとうございます。 2022年3月度のQUMZINEマンスリーレポートを担当します。 このマンスリーレポートでは、QUMZINE編集部のメンバーによる編集後記を含めたレポートを月末にお届けしていきます。 しかし早いもので、今年もすでに1/4が終わりました。実は、3月になったらオフライン取材も解禁になってインタビューがてら色んな人

スキ
15

Notion無料オンラインイベント、まだまだ受付中です! 編集後記/QUMZINE2022年2月マンスリーレポート

こんにちは! 株式会社フィラメントが運営する、「よりよい未来をつくっていきたい人たち」が集う場、QUMZINEです。(QUMZINEとはなんぞや?という方はこちらの記事もチェックしてみてください!) マンスリーレポートでは、QUMZINE編集部による編集後記を含めたレポートを月末にお届けしていきます。 まだ読んでいない記事との出会いや、既に読んだ記事の裏話を知るきっかけになれば幸いです! 元公務員現経営者の二人が自治体DXについて熱く語る!オンラインイベントを実施「地域

スキ
6

編集後記/QUMZINE2022年1月マンスリーレポート

はじめましての方もそうでない方もこんにちは! 株式会社フィラメントが運営する、「よりよい未来をつくっていきたい人たち」が集う場、QUMZINEです。(QUMZINEとはなんぞや?という方はこちらの記事もチェックしてみてください!) マンスリーレポートでは、QUMZINE編集部による編集後記を含めたレポートを月末にお届けしていきます。 QUMZINEではインタビューからコラムまで様々な記事を毎週公開しています。ちなみに2021年によく読まれた記事はこんなものがあります。

スキ
9

イノベーション入門をしたい人必見のオンラインイベント情報 #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■オンラインイベント告知▼こんな方におすすめ ・大企業の新規事業担当者 ・組織のマネジメント担当者 ・組織における自分の働き方に違和感を感じている方 ▼こんなことが学べます ・大企業で新規事業をはじめる方法 ・大企業で新規事業を成功させるための組織づくり ・組織における新しい働き方のヒント 日本のイノベーションを阻む究極の問いを「組織のプロ」と「伝説のイノベーター」が徹底解説! 今回は、11月に発売された新刊『「組織のネコ」という働き方

スキ
4

三菱地所と中川政七商店が仕掛ける新プロジェクト「アナザー・ジャパン」ってなんだ!?#オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■先週公開のQUMZINE記事緊急取材!三菱地所と中川政七商店が仕掛ける新プロジェクト「アナザー・ジャパン」 各都道府県出身の学生が自らの地元をPRすべく47都道府県地域産品のセレクトショップを経営する!?という情報を聞きつけ、12月9日に常盤橋タワーで開催された記者会見に参加してきました。 新プロジェクト「アナザー・ジャパン」とは、地元と学生をつなぎ、未来へ循環の輪を広げていく取り組みです。 三菱地所がTOKYO TORCHという「場所

スキ
6

noteで読むべき #オープン社内報 はこれ!勝手に「一読の価値アリ」な記事を選びました

noteには「#オープン社内報」と呼ばれるハッシュタグがあります。これはnote公式が設定し投稿を呼びかけているもので、内容としては「『会社の仲間に伝えたいこと』『自分のしごとの社内向け宣伝」などなど」が想定されています。本来社内向けに作られ、社員が読むことのみを想定している社内報をオープンにすることで、社内の雰囲気や価値観、広報したいことなどを社外の読者にも伝えることができると考えられます。 上記記事では、 とあるのですが、我々QUMZINE編集部も独自の切り口で「一読

スキ
33

LinkedIn 蛯谷さんがフィラメントオフィスに遊びに来てくれました! #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■LinkedIn 蛯谷 敏さんがフィラメントオフィスに来てくださいました今年2冊目の著書『レゴ 競争にも模倣にも負けない世界一ブランドの育て方』とともにフィラメントCEO角と記念撮影! こちらの書籍を読み始めた角によると、「まださわりしか読めてないですけどめっちゃ面白いですし、経営の方向性ー特に提供価値の本質は何か?という問いーに関する示唆がめちゃ深い。」とのことです。 Kindle版もダウンロード可能なので、お家にいながら読み始め

スキ
5

心理的安全をつくり事業に踏み出す推進力を生む4要素 #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■今週公開のQUMZINE記事 NHKプロフェッショナルでも特集された、いわた書店の「1万円選書」を実際に注文してみました 北海道・砂川市にある個人書店「いわた書店」の「1万円選書」はご存知でしょうか? 抽選に当たると応募した人の読書歴やこれまでの半生を記録したカルテをもとに店主の岩田徹さんが1万円の予算で選書をしてくれるというサービスです。 今回は応募総数3701件の中から抽選に当たり、運よく選書をお願いできることになりましたので詳しく

スキ
7

コーポレートサイトをリニューアルしました #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■コーポレートサイトをリニューアル!!フィラメントのコーポレートサイトがリニューアル!! ①事業内容、②事業の実績、③ノウハウについてなどなど大幅リニューアルされた盛りだくさんのNewコーポレートサイト、ぜひぜひ御覧ください。 毎週新たな情報を更新予定です! 今後とも、皆さまといっしょに、未来と今を面白がりながら成長していきます! ■フィラメントCOO 渡邊もニュース映像に登場!「起業支援交流施設」プレオープン 山形市起業を目指す人向

スキ
10

どうぶつの森での結婚式で有名なアノ人(!?)と堺筋本町で遭遇!! #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■どうぶつの森での結婚式で有名なアノ人(!?)と堺筋本町で遭遇!! とある準備のために久々のオフィス出社をしていたところ、『あつまれどうぶつの森』で結婚式をして話題となったくららさんに遭遇! 記念に写真撮影☆※写真撮影時のみマスクを外しています ■今週公開のQUMZINE記事 秘書たちの7つのルール ~エグゼクティブを支えるとっておきの仕事術 RULE1:スケジュール調整は即レス RULE2:絶対にミスをしない RULE3:わからないこ

スキ
10

”都市間オープンイノベーション”の最前線って何だ!? #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■今週公開のQUMZINE記事 ”都市間オープンイノベーション”の最前線!?日本を明るく元気にする TOKYO TORCH 三菱地所 TOKYO TORCH事業部・谷沢直紀さんにインタビューを敢行! 東京駅日本橋口前の目の前で進む再開発は、2027年度に最終的な街区が完成予定。 本年7月には先行して「常盤橋タワー」や「TOKYO TORCH Park」がオープンし、新潟県小千谷市の「錦鯉が泳ぐ池」の整備を始め、自治体と連携して地方の特色を

スキ
11

ロマンティックデジタルって何だ!? #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■今週公開のQUMZINE記事NTT Comが“ロマンティックデジタル”で解決する2030年の社会課題とは? 情報通信会社のNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)が、自社の強みであるデータ流通とDXによって社会課題の解決を目指すプロジェクト『日本版Smart Society』。 このプロジェクトの目的はデジタル技術によって民意の可視化を行い、2030年の社会課題をビジネスで解決すること。まずは防災をテーマに「デジタル避難訓練」

スキ
6

今年の秋はNotionをはじめてみよう! #オープン社内報

【 #フィラメント週間リポート 】 ■CNET JapanにてCEO角が『新規事業の達人』を連載中企業の新規事業開発を幅広く支援するフィラメントCEO角が、事業開発やリモートワークに通じた、各界の著名人と対談していく連載「事業開発の達人たち」。 今回から、森ビルが東京・虎ノ門で展開するインキュベーション施設「ARCH(アーチ)」に入居して新規事業に取り組んでいる大手企業の担当者さんを紹介していきます。 トップを飾っていただくのは、 YKK APの事業開発統括部 統括部長の

スキ
11