見出し画像

WBSの入山章栄教授はフィラメントのどこに魅力や可能性を感じたのか?

2021年2月1日付で、『世界標準の経営理論』や『両利きの経営』などがベストセラーとなっているビジネス書の著者でもある早稲田大学ビジネススクールの入山章栄教授がフィラメントの顧問に就任しました。

今回の顧問就任を知らせるプレスリリースは各メディアで注目されており、様々なネットニュースでも掲載されています。PRESIDENT Online産経ニュース読売新聞オンライン時事ドットコム東洋経済オンライン朝日新聞デジタル&Mなど、その数なんと30。フィラメントのプレスリリースがここまで多くのネットメディアに掲載いただいたことはこれまでありませんでした。

QUMZINEでは、入山先生の顧問就任に合わせてインタビューを実施しました。フィラメントCEO角勝と宮内俊樹がフィラメントの魅力や可能性についてお聞きしました。経営学の考え方をフィラメントの動きに当てはめるとどうなるのかが言語化された記事になっております。


入山章栄氏がフィラメントの顧問に就任! その思いを語っていただきました。(1/3)


入山章栄氏がフィラメントの顧問に就任! その思いを語っていただきました。(2/3)


入山章栄氏がフィラメントの顧問に就任! その思いを語っていただきました。(3/3)





QUMZINEの最新情報は株式会社フィラメント公式Twitterでお届けしています!

やったー!!フォローもいただけると励みになります!
13
(株)フィラメントが運営する「QUMZINE」のnote公式アカウント。「よりよい未来をつくる」ために、オープンイノベーションやギブファーストでみなさんと交流・繋がっていきたいです。更新情報はTwitterにて発信。https://twitter.com/Filament_Inc