見出し画像

Dropinの実証実験にエントリーしたあとは、QUMZINEアドベントカレンダーをチェック!

#フィラメント週間リポート

■CNET JapanにてCEO角が『新規事業の達人』を連載中

日本のビジネス界にて多大な影響力を持つ CNET Japan にて、フィラメントCEO 角が連載中です!
これまで連載で解説してきた「テレコラボ戦略」をより深く具体的に理解するために、事業開発やリモートワークに通じた各界の著名人と対談させていただきます。

最新回では、11月27日に発売されたソニーのスマートウォッチ「wena 3」事業責任者である對馬哲平氏に、大企業で新規事業を担当する人へのアドバイスやオープンイノベーションについてお伺いしました!


■今週公開のQUMZINE記事

半年間、会社で「雑談」し続けるとどうなるか?
東京開催のオリンピックに向けてテレワーク環境を整えていたはずの2020年。
オリンピックは開催されませんでしたが、はからずもテレワークは随分と浸透しました。
テレワークの浸透に反比例して減っていった『雑談』。フィラメントではこの半年間、『フィーカタイム』という雑談タイムを設けていました。


満員御礼🎄QUMZINEアドベントカレンダー毎日更新中!!
フィラメントでは本日12月1日から25日まで、アドベントカレンダーにて記事を毎日更新しています!
「アドベントカレンダーって何!?」という方も、「寄稿してみたい!」という方も、まずはぜひ第1日目の記事をご一読ください。


アドベントカレンダー5日目🎄
フィラメントCXO佐藤さん!
『今年買ったもの、使ってみたもの総決算』が公開されています。


アドベントカレンダー6日目🎄
フィラメント プロジェクトデザイナー 平井さん!
『【2020年】コロナ禍のテレワークでネトフリよりも重宝した3大サブスクサービス』が公開されています。


アドベントカレンダー7日目🎄
フィラメント ビジネスアーキテクト 永井公成さん!
『QUMZINEで気に入ったのであなたにも読んで欲しい記事5選』が公開されています。


アドベントカレンダー8日目🎄
crossroads 代表 若林健一さん!
『2020年に置いていくもの、2021年に持っていくもの』が公開されています。


アドベントカレンダー9日目🎄
本日の担当はBalloon Inc. CEO 志水良さん!
『Balloon Inc. 2020年 #買ってよかったもの 』が公開されています。


アドベントカレンダー10日目🎄
本日の担当はフィラメント エクセレントアシスタント 小川英恵さん!『2020年買ってよかったもの』が公開されています。


アドベントカレンダー11日目🎄
本日の担当はNEC Future Creation Hub KANSAI Sueyoshi Kiyomi さん!『私の「オンライン元年」』が公開されています。


■「オンラインMTGで他人にされてイラッとしたこと」大調査、集計中

「オンラインMTGで他人にされてイラッとしたこと」大調査にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました!
ただいま、鋭意集計中です!
集計後、調査結果をQUMZINEにてご報告いたしますので、しばしお待ち下さい!


■ワークスペースの即時検索・予約・決済ができる Dropin by NTT Communications がワーケーションに対応

フィラメントが伴走支援中のワークスペースの即時検索・予約サービス「Dropin(ドロッピン)」。

2021年1月中旬よりワーケーション施設の検索・予約を可能にする実証実験を開始!
伴って、利用者およびワークスペース提供店舗の募集を開始しています。
旅行先や研修先などにおいても、スマートにワークスペースを確保できるサービスのニーズや課題などを検証していく本実験にぜひぜひご参加ください!
なお本実験は、一般社団法人日本テレワーク協会(以下 日本テレワーク協会)、KNT-CTホールディングス株式会社(以下 KNT-CT)と共同で行われています。各者は、全国的なリモートワークやワーケーションをより一層普及させることを目的として、ワークスペースや宿泊施設、アクティビティや交通手段などを、ニーズに応じて検索し、予約、決済ができるサービスの提供を目指します。



■オンラインイベント開催予告

×ユカイ工学でビジネスにもユカイを 
vol.3 | 寝室に新しい意味を持たせた『popIn Aladdin』
ヒットの秘密と、これからの新商品開発とは。

2020/12/18(金)16時開催!参加無料!
申し込みページよりエントリーをお願いします。

自宅の壁を究極の大画面にする、魔法のランプ『popIn Aladdin(ポップインアラジン)』シリーズ。popInは自社のコンテンツ力を強みに、どう利用者の心を掴み、生活に溶け込ませたのか。
ユカイ工学はpopInの想いをどう汲み取り、初期開発を進めたのか。

従来のプロジェクターの型にとらわれることなく、より多くの生活シーンに新たな感動を届けるpopIn。2017年CEATECでの発表以降、本体価格が約8万円する『popIn Aladdin』シリーズは累計販売台数8万5,000台を超え独創的な商品開発を通じてホームプロジェクター市場を活性化させ続けている。
コンテンツ提供会社のpopInと、ハードウェア会社のユカイ工学が組み、ヒット商品へ導いた要因や、ユーザー体験を第一に考えるデザインとは。

『popIn Aladdin』快進撃の背景と今後描きたい未来について、popIn代表であり同製品開発者の程氏と、ユカイ工学代表の青木が語ります。


それではみなさん、今週もお付き合いいただきありがとうございました。
こちらのQUMZINEのnoteアカウントをフォローしていただけると嬉しいです。
素敵な週末をお過ごしください。フィラメント on QUMZINE、でした。


===========================
◆◆フィラメントメールマガジンを毎月1日にお送りしております◆◆
メールマガジンを読みたい!!という方がいらっしゃいましたら、以下の---内のみご記入の上、info@thefilament.jpにお送りください。
後ほど、メールマガジン最新号をお送りさせていただきます~!
--------------------------------
氏名
所属先(※任意)
--------------------------------



この記事が参加している募集

買ってよかったもの

QUMZINEの最新情報は株式会社フィラメント公式Twitterでお届けしています!

やったー!!フォローもいただけると励みになります!
5
(株)フィラメントが運営する「QUMZINE」のnote公式アカウント。「よりよい未来をつくる」ために、オープンイノベーションやギブファーストでみなさんと交流・繋がっていきたいです。更新情報はTwitterにて発信。https://twitter.com/Filament_Inc