QUMZINE by Filament, inc.
乗車から降車まで最短ルートで移動してくれる!Osaka Metroオンデマンドバスに乗車してみた
見出し画像

乗車から降車まで最短ルートで移動してくれる!Osaka Metroオンデマンドバスに乗車してみた

QUMZINE by Filament, inc.

みなさんはオンデマンドバスをご存知でしょうか?

Osaka Metroウェブサイトの説明によると、「規定の経路や時刻表がない予約型のバス」とのこと。
つまり、走行ルート・バス停・乗車時間が決まっている通常の路線バスとは異なり、乗車時間を予約して→乗車地点から降車地点までの最短ルートで移動してくれるのです!

https://maas.osakametro.co.jp/odb/about/

現在、日本各地でオンデマンドバスの実証実験が展開されています。
フィラメント本社がある大阪でも生野・平野エリアで実証実験が行われており、2022年4月1日からはキタ・福島エリアの運行が始まりました
(関西の地理がイメージしにくい方への補足説明:キタエリアは大阪駅や梅田駅がある都心部で車通りが多いエリアです。)

QUMZINE編集部では早速、面白がり力を発揮してオンデマンドバスに乗車してきましたのでその様子をご紹介します!

■乗車予約

「Osaka MaaS 社会実験版」アプリをダウンロードし、ユーザー情報等を登録します。登録完了後、オンデマンドバスを予約できるようになります。
(アプリとは別に電話での対応もあります!)

人数・乗降場所・日時等を選択します。
人数の設定項目があることからもわかるように、いっしょに乗車する人の分も予約が可能です。今回は2名で予約してみました。

乗車地点の写真も見られて安心!

■いざ、乗車!

自分で選んだ乗車地点で待っていると、時間通りにオンデマンドバスが到着!青と黄緑のカラーで見つけやすいですね。

運転手の方に予約画面を見せて、支払いを済ませます。
今回は事前に登録したクレジットカードで支払いを行いましたが、現金での支払いも可能です。

ワンボックス車両、8人乗り!バリアフリー対応車両もあるそうです。
車内は広々、快適です!
荷物固定用ベルトもあるのでスーツケースも持ち込みしやすそう!

実証実験を開始して間もないこともあり、乗車時点での乗客は我々だけでした。渋滞もなく、順調に目的地に向かいます。

■あっという間に到着!

他の乗客の方がいなかったこともあり、まっすぐ目的地に向かっていただきました。
もしも途中で別の乗客の方が乗車された場合は、2つになった目的地(①自分の目的地、②自分以外の乗客の目的地)を踏まえた最短ルートがAIにより作成されるそう。 

ステップや手すりも完備
快晴のため少し見にくいですが、乗降中のランプも点滅しています

オンデマンドバスは我々を降ろして去っていきました。乗客からの予約がない場合は待機場所へ戻って待機とのことです。

写真中央がオンデマンドバス

■帰りもオンデマンドバスで帰ってみる

用事を済ませて、中之島美術館に寄り道したあと、帰りのバスも予約してみます。

アプリで確認してみると、ちょうど中之島美術館前にも来てくれるようなので中之島美術館前にあるバス停を指定しました。
不慣れなエリアでしたが、乗車場所の写真も見られるので無事たどり着けました!

中之島美術館前にある既存のバス停「田蓑橋」がオンデマンドバスのバス停にもなっているようです。時刻表の上に「オンデマンドバス乗降場所」の掲示がありました。

乗車場所のイメージ写真と同じ!

予約した時間通りにオンデマンドバスがやってきました。今回も乗客は我々だけだったので目的地までの最短距離を選んで移動してくれます。

■車内を観察してみる

実証実験中ということもあってか、公共交通機関で見かけるような広告は特にありませんでした。警察署や交通局等による注意喚起ポスターが複数貼ってあります。

運転手の方が、Osaka Metro Groupのイベントチラシを渡してくれました。通常の路線バスとは違い、8人乗り車両(バリアフリー対応車の場合は5人乗り)のオンデマンドバス。運転手の方との距離が近く、わからないことがあれば気軽に質問できそうです。

■AIにもわからないルートを人間が補う!?

今回は他に乗客がいなかったため、乗車地点から降車地点まで最短ルートを移動してもらいました。

他の乗客がいる場合は、複数人の乗車地点&降車地点を加味してルートを考えます。しかしながら、そのルートが間違っている場合(先に乗った人を優先して遠い方の降車地点を目指してしまう等)やより速く移動できるルートが存在する場合があるそうです。

そこで、本実証実験ではバスドライバーの方ではなくタクシードライバーの方に運転を依頼し、常時運転手による柔軟なルート変更を行っているそう。
特に大阪駅周辺の北区では渋滞するエリアや一方通行の道などが多数あり、ルート選択がより複雑になるとのこと。であれば、運転に慣れているタクシードライバーの方におまかせできるのは心強いですよね。

■オンデマンドバス乗車を終えて

予約後、乗車から降車までが非常にスムーズで、乗車中は「こんなに簡単に乗れると記事に書くことがほとんどないのでは!?」と心配になるほどでした。

乗降場所は300メートルメッシュ毎になるよう設定されているため、目的地によっては電車よりも快適に移動できるのではないかと思いました。
もちろん、車での移動となるため渋滞などによって移動時間が確実に読めないなどの特徴もありますが、これから移動の新たな選択肢になっていくと私達の生活がより便利になりますね!

https://subway.osakametro.co.jp/news/news_release/20210304_ondemando_bus.php

乗車料金は現在距離に関係なく1回300円。ぜひぜひ、みなさんも利用してみてください。
最後は、中之島美術館の広場にいたネコちゃんをご紹介して終わりにします!

この記事が参加している募集

やってみた

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

QUMZINEの最新情報は株式会社フィラメント公式Twitterでお届けしています!

QUMZINE by Filament, inc.
(株)フィラメントが運営する「QUMZINE」のnote公式アカウント。「よりよい未来をつくる」ために、オープンイノベーションやギブファーストでみなさんと交流・繋がっていきたいです。更新情報はTwitterにて発信。https://twitter.com/Filament_Inc