新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省や首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Filament MAIL MAGAZINE 🔥テレワークの普及で見える新しい地域社会のかたちとは?【フィラメントメールマガジン第23号】

フィラメントでは毎月、フィラメントメールマガジンをお送りしています。
本記事ではメールマガジン最新号をご紹介します。
メールマガジンにご登録していただける方は、目次の「■メールマガジンの登録はこちら」からご登録をお願いします。


■フィラメントメールマガジン第23号

こんにちは!「人々の情熱を引き出し、閃きと行動につなげる伴走型のアイディエーションファーム」、株式会社フィラメントです。
フィラメントは大企業への新規事業開発支援を通じて、アイデア創発から事業化に至る独自のプログラム(オンラインワークショップなど)を提供し、企業内に発想力と実行力を持った人を育てています。

このメールマガジンでは、新規事業開発にお悩みの方、フィラメント独自のプログラムについて詳しく知りたい方に向けてフィラメントの活動を発信していきます。(よろしければ、新規事業担当の方にも回覧していただけるとうれしいです。)

1.メディア掲載情報

◆CNET Japan連載:事業開発の達人たち
日本のビジネス界にて非常に大きな影響力を持つ有力メディア CNET Japan にて、CEO角の新連載が始まりました!タイトルは「事業開発の達人たち」。これまで連載で解説してきた「テレコラボ戦略」をより深く具体的に理解するために、事業開発やリモートワークに通じた各界の著名人と対談していきます。

連載8回目のゲストはチャットボットでキャリアカウンセリングサービスを提供しているCompassの大津愛さん。
儲からない地方労働市場の課題解決に挑むCompassと現代社会における職業マッチングの課題ついてお伺いします。


連載9回目のゲストは、公務員を退職後起業し、行政の請求業務のDXをサポートする「Haratte(ハラッテ)」を開発した、AmbiRiseのCEO兼CTOである田中寛純さん。
行政の中にいたからこそ気づけた課題や、それを解決するための行政DXソリューション「Haratte」の開発経緯についてお伺いしています。起業を考えている公務員のみなさんも必見の記事です。

CNET Japanの記事には収まりきらなかった公務員時代のキャリアの積み方、そして起業決断に至るまでをQUMZINEにてスピンオフ記事化しました。
同じく「ヤメ公務員 」としてフィラメントを起業したフィラメントCEO角がお話をお聞きしました。


◆QUMZINE編集長・平井が登壇したセミナーレポートが公開
note社主催のセミナー「note pro活用企業が語る 発信はじめの一歩」にQUMZINE編集長・平井が登壇。
記念すべき第1回のゲストとして、フィラメント のオウンドメディア QUMZINEについてやnote pro導入の経緯や実際の運用法についてお話しさせていただきました。
これからも「面白がり力」を大事にして発信を続けていきますので、セミナーレポートをお読みになった後はぜひQUMZINEにも遊びに来てください!


◆NTTコミュニケーションズ ✕ 鎌倉市=テレワーク推進!?
フィラメントが伴走支援しているNTTコミュニケーションズさんの新規事業: Dropin by NTT Communications 。
dropin(ドロッピン)は鎌倉市と提携し、実証実験が始まります。
ワークスペースの即時検索・予約・決済ができる「Dropin」を活用することで、鎌倉市のテレワーク実施率向上や、現状テレワーク環境が整わない事業者や個人においてもワーク・ライフ・バランスの取れた柔軟な働き方を選択できる環境づくりを応援し、鎌倉市が推進する「働くまち」の実現に貢献します。
鎌倉在住の皆さま、是非お使いください!


2.6月の公開記事 /オウンドメディア QUMZINE

◆独占インタビュー!!|松尾鎌倉市長 ✕ NTT Com「Dropin」 ✕ フィラメントCEO角
NTT Com「Dropin」で、鎌倉市は"働くまち"に変化する。
と聞くとどんなまちが思い浮かぶでしょうか?
2021年6月7日、鎌倉市はNTTコミュニケーションズと「コワーキングスペース・宿泊施設・カラオケ施設等を活用したテレワークの推進に係る実証実験に関する協定書」を締結しました。
今回は、鎌倉市の松尾崇市長とNTT Comイノベーションセンターの山本清人さんと湊大空さん、そしてフィラメント角勝が対談し、この協定の締結に至った経緯や鎌倉市がこのサービスに期待すること、今後実現したいことについてお聞きしました。


◆会社員がSNSを「やらないリスク」>>>「やるリスク」
コロナ禍におけるオンラインシフトと、働き方・キャリア観の変化が加速する昨今。
そんな現在の「ソーシャル時代の歩き方」についてアースメディア・松本淳さんにインタビューを敢行!
従来の「会社」という閉ざされた空間ではなく、「社会」つまり「ソーシャル」こそが私たちの働く場所・生きる場所になったとき、人々はジブンの価値をどのように定義し、発信し、他者に示していけばよいのでしょうか?SNSを駆使したソーシャル時代の働き方と生き方、そして信頼についてお話を伺いました。


◆「ブランドマネージャー育成講座」を読者の皆さんにおすそ分け!
企業が「強いブランド」を育てるべき確固たる理由とは?
ロレアル、ユニリーバのLUX、資生堂といった名だたるグローバルブランドのブランドマネージャーを渡り歩いて来られたプロに聞く!
今回は、レノボ・ジャパンのマーケター越智道夫さん(マーケティング統括本部 コンシューマーマーケティング本部長)にブランド・エクイティの重要性について教えていただいた内容の一部をご紹介します。


◆新刊『進化思考』が話題の太刀川英輔さんと妄想トーク
デザインの社会実装で美しい未来をつくること、自然から創造性の仕組みを学ぶ「進化思考」を提唱し変革者を育てることを理念に活動を続けるデザイナー、太刀川英輔さんにインタビューを敢行!
進化思考―それは、生物の進化のように二つのプロセス(変異と適応)を繰り返すことで、本来だれの中にもある創造性を発揮する思考法。全3回にわたるインタビューです。


◆独自に開発したクラフトコーラにみる、「探究心」の大切さ
大手広告代理店を退職し、独自に開発したクラフトコーラ「伊良(いよし)コーラ」を販売するコーラ小林さん。3年前のキッチンカーでの出店にはじまり、2021年4月29日には渋谷・キャットストリートにも新店舗をオープンさせました。
コーラが好きでこの事業を始めたコーラ小林さんに、自分の好きなことを見つけて突き詰め、発展させていくためにはどういったことが必要なのかお聞きしました。


◆イベントレポート|リモートワーク時代における地方の副業・兼業人材獲得
4月22日、山形県にて開催されたオンラインイベント「ジョージ・ヤマガタ氏 Presents 第4回オンラインセミナー 山形*福業神財革命!!」でのディスカッションの模様が記事になりました。
「外部人材活用と金融機関・支援機関の役割」と題されたパネルディスカッションでは、金融庁 地域課題解決支援チームリーダー菅野 大志氏(モデレーター)らとともに株式会社フィラメント取締役COO兼CFO 渡邊貴史
が登壇しました。
山形県の金融機関、人材紹介機関、スタートアップ支援の観点から展開される、リモートワーク時代における地方の副業・兼業人材についてのディスカッション記事、ぜひぜひお楽しみください。


◆あなたの「ちょっとした自慢」の集計結果が公開!
QUMZINEでは2021年4月に「あなたの「ちょっとした自慢」を教えてください」というアンケート調査を実施しました。たくさんのご回答ありがとうございました。
「実はギネスホルダー」「ボディービル大会4位」などなど、あまりに面白い回答を多くいただいたので、前後編に分けてご紹介いたします!


◆母の日(5/8)父の日(6/20)のプレゼントにお悩みのあなたに読んで欲しい!
 「母の日(5月8日)、何あげた?父の日(6月20日)、何あげる?」というアンケート調査へのたくさんのご回答ありがとうございました。
読者のみなさまから、「村上臣さんオススメのウニ」「フェイラーのメガネケース」など母の日&父の日に贈ったプレゼントを教えていただいたものを記事にまとめました!
ぜひぜひ、今年・来年のプレゼントのアイデアに役立ててください。


3.オンラインイベント情報

【7月8日(木)19:00〜】
『マツコの知らない世界』でもおなじみ!浅草かっぱ橋の老舗料理道具店6代目アトツギ・飯田結太さんが実現した事業変革とは|
QUM ACADEMY オンラインイベント

<こんな方にオススメ!>
ビジネスに一見関係なさそうなことから思わぬ発見に出会いたい方

<こんなことが学べます!>
・顧客起点で考える商品開発や販売戦略を学べます。
・逆境をチャンスに変える事業転換の視点が得られます。
・組織の意識改革を実現するために必要な具体的アプローチを知ることができます。

廃業の危機に瀕していた浅草かっぱ橋の老舗料理道具店「飯田屋」。
そんな逆境の中でいくつもの失敗を繰り返しながら、ビジネスモデルも、社員や自分自身のマインドも大きく変貌させていった6代目アトツギ・飯田結太さん。

今回のイベントは、今や“料理道具の伝道師”として日経メディアでの連載をはじめ、「マツコの知らない世界」「あさイチ」などテレビにも引っ張りだこの飯田さんをゲストに迎え、飯田屋が実現した事業変革についてご自身の実体験をもとに語っていただきます。


4.アンケート企画|1年ちょっと経った今、改めて知りたい「テレワーク生活で役立ったモノ」2021

突然コロナ禍となってテレワークが普及した2020年春にフィラメント実施した「テレワークに役立つもの」アンケートではさまざまな回答が寄せられました。
このアンケートから1年が経過した今、テレワーク生活で役立ったものが変わったり増えたりしたと思います。
そこで、今回は改めて皆さんに「テレワーク生活で役立ったモノ2021」をお伺いしたいと思います。
お気軽にお答えいただけると嬉しいです。今回も、いつものアンケート企画同様QUMZINEで記事化させていただきます。


5.企業向けオンラインワークショップのご案内

フィラメントではニューノーマル時代に合わせて、新規事業開発のための発想ワークショップもオンラインで提供しています。ご興味をお持ちの方の連絡をお待ちしています。
実際に大手ICT企業にて実施したオンラインワークショップのレポート、面白がり力ワークショップについての詳細は以下よりお読みください!

◆Teamsで参加者200名超のオンラインワークショップを開催するコツ   
従来オフラインで実施してきたワークショップを、ウィズコロナの時代に合わせ全面的にオンラインへと移行しました。
企業向けに、200名を超える大人数の参加者でも成立するオンラインワークショップを提供するための工夫やTipsをまとめています。

◆フィラメントが提供する「面白がり力」強化プログラムについて
フィラメントは“「面白がり力」強化プログラム”というユニークなワークショップを提供しています。(オンラインでの提供も実施しています)
「面白がり力」とは、いろんなものをポジティブに面白がれる力。
様々なものごとや人との関わりをポジティブにとらえ、能動的に面白い部分を見出し、それをオープンに伝えていくことで個人の「引き出し」と「切り口」を豊かにするとともに、仲間を巻き込み、繋がりを育む力のこと。そんな「面白がり力」を強化するワークショップの中身についてお話しています。

───────────────────────────────
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
フィラメントでは、テレワークや経済的支援についてなどの有益な情報をLinkedInページ、Facebookページにてシェアしています。
この危機をみなさんとともに乗り越えるべく、どんなときも面白がり力を忘れず、今フィラメントにできることに邁進してまいります。
~Light up your Passion & Business~


■メールマガジンの登録はこちら

メールマガジン登録のお申し込みは以下のページのメールフォームより受け付けております。
月初にメールマガジンをお届けするほか、イベント情報などの号外メールをお届けします。
ぜひぜひ、ご登録ください!

画像1


QUMZINEの最新情報は株式会社フィラメント公式Twitterでお届けしています!

気に入ってもらえてとっても嬉しいです~!!
(株)フィラメントが運営する「QUMZINE」のnote公式アカウント。「よりよい未来をつくる」ために、オープンイノベーションやギブファーストでみなさんと交流・繋がっていきたいです。更新情報はTwitterにて発信。https://twitter.com/Filament_Inc