ヤフーの検索データから紐解く、コロナ禍で注目の「調理器具」とは?
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ヤフーの検索データから紐解く、コロナ禍で注目の「調理器具」とは?

コロナ禍の1年でわたしたちの家庭の調理体験や調理習慣はどれだけどんなふうに変わったのでしょうか。

画像3

そんな疑問を、いつもみんなが何かを調べたいと思ったときにお世話になっている日本最大級のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」の検索データを使って紐解くことができたら・・・とてもワクワクしませんか?

QUMZINEを運営する株式会社フィラメントとヤフーの名物ジョイント企画、その名も「サーチX」。ヤフーが業界・業種を超えた新たな課題解決やサービスの創出を目指し、ヤフー社外のコミュニティや企業・自治体と連携して開催するオープンコラボイベント「Mix Leap Joint」の1コマとして、これまで全6回にわたって開催してきました。

毎回お題となる「テーマ」を設定、各界のスペシャリストとともに過去の膨⼤な検索結果を紐解き、ディスカッション&クイズ形式でその核⼼に迫っていく。そんな探索的かつ実験的なイベントがこの「サーチX」です。

サーチX“調理道具”編_20210823_ver1.0

過去にはこの企画からヒット商品が生まれた実績も。

さらに前回2020年8月にオンライン開催された“ファッション”編では、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の技術を支える「ZOZOテクノロジーズ」より豪華ゲストを迎え、トーク&パネルディスカッションを行いました。

今回の「サーチX」シリーズ第7弾は、コロナ禍特別編として『調理器具』にまつわるパネルセッションをオンラインで展開します!

スペシャルゲストは浅草かっぱ橋の老舗料理道具店「飯田屋」6代目・飯田結太さん。

画像1

今や“料理道具の伝道師”として日経メディアでの連載をはじめ、「マツコの知らない世界」「あさイチ」などテレビにも引っ張りだこの飯田さんをゲストに迎え、コロナ禍における家庭の調理体験・調理習慣の変化についてヤフーの検索データを紐解きながら検証していきます。

<こんな人におすすめ>

・検索データへの理解を深めたい人

・「調理器具」のディープな知識を身につけたい人

・とにかく家庭の料理に興味がある人

開催概要

画像8

【開催日時】
2020/8/23(月)19:00~21:00

【開催方法】
Live配信(オンライン)

【視聴方法】
・YouTube Live
・Facebook Live
※視聴機器(PC・スマホ)や通信環境などは各自でご準備ください

【お申込み】
無料
*Yahoo! JAPAN Osakaの connpassイベントページ よりお申込みください
https://yahoo-osaka.connpass.com/event/220766/

【モデレーター】

画像6

角 勝(すみ・まさる)
フィラメント 創業者・CEO
新規事業開発支援のスペシャリストとして、上場企業を主要顧客に、前職の大阪市職員時代から培った様々な産業を横断する知見と人脈を武器に、事業アイデア創出から事業化までを一気通貫でサポートしている。オンラインとオフラインを問わず、共創型ワークショップや共創スペースの設計・運用にも実績を有する。経産省の人材育成事業「始動」のメンターも務めるなど、関わった人の「行動の起点をつくる」ことを意識して活動している。CNET JAPANにて「新規事業開発の達人たち」「コロナ禍で生き残るためのテレコラボ戦略」連載中。1972年生まれ。関西学院大学文学部卒。

【スピーカー】

画像4

飯田 結太(いいだ・ゆうた)
大正元年(1912年)に浅草かっぱ橋で創業の"超"料理道具専門店「飯田屋」6代目。料理道具をこよなく愛する料理道具の申し子。TBS「マツコの知らない世界」やNHK「あさイチ」、日本テレビ「ヒルナンデス」など多数の情報番組で道具のマニアックな魅力を伝える料理道具の伝道師として活躍。自身が仕入れを行う道具は前もって使ってみるという絶対的なポリシーを持ち、日々世界中の料理人を喜ばせるために活動している。プレジデント社発行「浅草かっぱ橋商店街リアル店舗の奇蹟」著者。


画像9

内田 真由美(うちだ・まゆみ)
ヤフー株式会社 コーポレートグループ コラボレーション推進部
2018年よりヤフーデータソリューション事業本部にてマルチビッグデータを活用し、自治体や企業と街づくりの取り組みを行う。2019年、2020年の「078KOBE」では、神戸の事業者様とともにデータを活用した商品開発を実施。2021年、コーポレートグループ コラボレーション推進部にジョイン。データやテクノロジーを活用した、楽しく、便利な未来の創造を目指した企画、発信を行う。


画像8

画像8

QUMZINEの最新情報は株式会社フィラメント公式Twitterでお届けしています!

よかったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます!!
(株)フィラメントが運営する「QUMZINE」のnote公式アカウント。「よりよい未来をつくる」ために、オープンイノベーションやギブファーストでみなさんと交流・繋がっていきたいです。更新情報はTwitterにて発信。https://twitter.com/Filament_Inc