INTERVIEW

137
固定された記事
INTERVIEWマガジンとは?

INTERVIEWマガジンとは?

こんにちは!QUMZINE(クムジン)編集部です。 INTERVIEWマガジンでは、ビジネスの第一線で活躍するキーパーソンや、新しいモノ・コトに取り組んでいくイノベーターのみなさんへのインタビューや対談をお届けします。 ヒトにスポットを当てたINTERVIEWマガジンでは、ご登場いただいた方のお名前を各記事にタグ付けしています。 新着順に読むもよし、ハッシュタグ一覧から気になる記事を探すもよし。 INTERVIEWマガジンをお楽しみください。 ■よく読まれている記事を一

入山章栄氏がフィラメントの顧問に就任! その思いを語っていただきました。(3/3)

入山章栄氏がフィラメントの顧問に就任! その思いを語っていただきました。(3/3)

フィラメントにWBS教授の入山章栄氏が顧問としてジョイン!  QUMZINEでは、さっそく入山氏に緊急インタビューを敢行。日本のイノベーションをアカデミックから牽引する入山氏が、一体フィラメントのどこに「面白さ」と「可能性」を感じたのか? CEO角勝と宮内俊樹がお聞きしました。 宮内:入山さんがフィラメントで何かやってみたいこととか、具体的になにかありますか? 入山:「変人コンクール」とかですかね(笑)。 宮内:いいですね、実にいいですね(笑)。 入山:元マイクロソフ

スキ
17
入山章栄氏がフィラメントの顧問に就任! その思いを語っていただきました。(2/3)

入山章栄氏がフィラメントの顧問に就任! その思いを語っていただきました。(2/3)

フィラメントにWBS教授の入山章栄氏が顧問としてジョイン!  QUMZINEでは、さっそく入山氏に緊急インタビューを敢行。日本のイノベーションをアカデミックから牽引する入山氏が、一体フィラメントのどこに「面白さ」と「可能性」を感じたのか? CEO角勝と宮内俊樹がお聞きしました。 宮内:多くの日本企業がオープンイノベーションに取り組み始めていますが、なかなかうまくいかないという声も聞かれます。フィラメントなら、それをこんな風に解決できるんじゃないかといった考えはありますか?

スキ
12
青山商事のスゴ腕マーケター・平松葉月さんが「10万人に1人」の難病を乗り越えて学んだこととは

青山商事のスゴ腕マーケター・平松葉月さんが「10万人に1人」の難病を乗り越えて学んだこととは

フィラメントCEO角勝がCNET Japanで連載している「事業開発の達人たち」シリーズにおいて、「洋服の青山」で知られる青山商事のリブランディング推進室副室長・平松葉月さんにお話をうかがいました。平松さんはエンタメ、家電、飲食、紳士服と異業種を渡り歩き、その間に営業、クリエイティブ、マーケターと数々の職種を経験されています。また、10万人に1人の難病とも言われるギラン・バレー症候群に罹患し、その後回復したことが人生観に大きな影響を与えたといいます。 今回はCNET Japa

スキ
17
入山章栄氏がフィラメントの顧問に就任! その思いを語っていただきました。(1/3)

入山章栄氏がフィラメントの顧問に就任! その思いを語っていただきました。(1/3)

フィラメントにWBS教授の入山章栄氏が顧問としてジョイン!  QUMZINEでは、さっそく入山氏に緊急インタビューを敢行。日本のイノベーションをアカデミックから牽引する入山氏が、一体フィラメントのどこに「面白さ」と「可能性」を感じたのか? CEO角勝と宮内俊樹がお聞きしました。 宮内:このたびはフィラメントへ顧問としての参画、ありがとうございます。最初に角から依頼を受けた時、どのように思われましたか? 入山:「全然やりますよ」って感じでした。ここのところ社外取締役の依頼を

スキ
21